親子留学 10年目の軌跡は奇跡

これまでのオーストラリア母娘留学生活の記録とこれから始まるアメリカの大学受験準備の様子を記録するブログ

速報ニュース

いきなりですが、、、、

 

娘は決断を致しました

 

 

UBCの

ピッカピカの1年生になりまーす!\(^o^)/

 

f:id:unomanaworld:20200503133550j:plain

自分でつかみ取った悲願の大学進学です

ヨッ \(^O^)

有言実行オンナ!

f:id:unomanaworld:20190306163948j:plain

希望していたアメリカ方面からはちょっぴりノースなカナダとなりましたが娘は大学に行ってお勉強できればどこの国だって大歓迎!無料ならどこへでも!でしたからね(^ー^)

あきらめムード漂うなかでの逆転ホームラン劇

ベタですが娘とお互いの手をつねって夢ではないか確認してみたり見間違いではないかと慎重に見返してみたり。。

でもやっぱり学費、寮費は免除、ゼロって書いてある

ホームページでUBCの学費を確認してみると、、

こちらは国内生用の学費↓

f:id:unomanaworld:20200503142411j:plain

ウチは留学生なのでこちらの学費↓

f:id:unomanaworld:20200503142323j:plain

ヒュ〜

国内生の学費は年$5,500で留学生は年$40,000

すごい差です

留学生の場合はこれに寮費と食事代が加算されるから、、、4年間で約$240,000カナダドル(@_@)

たかっ!

でもアメリカの大学の半額なんですよ(^_^;)

安い高いの金銭感覚がわかんなくなっちゃう。。。

 

は〜っ( ´ ▽ ` )

とにかく学位取得のゴールデンチケット手に入れたことで晴れて娘の最終学歴は大卒が確定したわけです

あきもせず合格レターをうっとり眺めてると大学からスカラシップの待遇について個別説明会開催(スカイプ)実施のお知らせメールが届きました

スカラシップ合格した大学とのビデオ面談ははじめての試みです

まずはスタッフの方からお祝いの言葉をいただきKMILOTスカラシップのコンデイションについて話されました

だいたいレターに書かれたとおりで学費、寮費、食費は免除

カナダ入国する際の航空券と1往復分の航空券を毎年進呈

在学中は市内公共交通機関のバス電車そして船、ぜんぶ無料乗り放題

健康保険もフル完備で歯科もメガネの購入も保険でカバーできるそうです

あと大学に限らず学校に入学する際はDeposit という手付金のようなものを入学前に納めるのが常ですがUBC もDeposit$1,000と記載があったので支払い方法の質問したら 『あ〜、そのDepositも払わなくていいわよ、免除免除』

 

( ;∀;)

いいんですかね〜

$1,000カナダドルならうのママだってなんとか。。。

 

うのママお金出すところなさそうです

 

払うどころか支度金として$1,500 ポーン

これは入寮に必要な寝具や小物を買い揃えるためのものでカナダに入国した際に一時金としてもらえるそうです

娘はエッセイコンペテイションの賞金(寮の引越し備品購入)  US400ドルも振り込んでいただいているので両方合わせると$2,000ほどの予算で色々買い揃えることができそうです(^.^)

ここまででもすでに高待遇なのにUBCの大盤振る舞いはさらに続きます

生活費として毎年$2,500を支給

冬季休暇の一時金として毎年$700支給

かいつまんで言えば

娘はお金いただきながら学士号取得するとも言えます

さらにっ!

この待遇は娘がDegree 取得するまでの期間継続されるらしい( ̄+ー ̄)極論いうとですよ、最長8年大学に無銭飲食しながら居座りオッケー?慌てて卒業しなくてもいいってこと?

(o≧∇≦)oキャッ  うのママちょっとイチビった考えしちゃいました

 

とっ、とにかく

 

こんな気前良すぎるスカラシップ滅多にないっ

辞退する理由がありません

この厚遇がUBC即決した大きな理由なのですが、じつは他にもあるんです(^.^)

実はですね〜

娘のいっちばん好きなバイオリニストHenryk Szeryng氏(1918~1988)の教え子がバンクーバーにいらっしゃるんです\(^o^)/

Szeryng氏(ポーランド)↓

f:id:unomanaworld:20200504154246j:plain

教え子といってももうご高齢でいらっしゃるのですがまだ現役でレッスンされているとのことで、もしもUBC受かったら門叩こうね!って娘と心躍らせていました

娘のいちばん好きなバイオリニストの教えを受け継いだ方から習えるかもしれないなんて、、、気絶寸前です

 Szeryng氏の奏でるバッハが好きです↓

https://m.youtube.com/watch?v=jdjpFvNpyA0

 

UBCに決めた理由、実はもう一つあるんです

UBCの3年生になると希望すれば最長1年間交換留学できるプログラムがあるんです

通常の学生は実費になるのですが娘の場合、無料♪\(^ω^\)( /^ω^)/♪

そして留学国は30ケ国以上もある中から選べるみたい

娘が出願したアメリカやシンガポールはじめドイツ、フランス、UK、スイス、デンマークにオランダ、中国、台湾、香港、韓国、メキシコ、チリ、マレーシアetc

あと、日本もそのリストに入っているんです

ちょっとおもしろくないですか?

純日本人が日本へ逆留学って(^.^)

関西人魂であるイチビリ精神がうづいてうのママは日本推し

どこの大学に留学できるんだろう?とのぞいてみると、、

上智大学に ICU

すっすごい有名校です

(゚〇゚;)わあー

    早稲田に慶應もですかっ!??

娘が日本在住だったとしたら出願すらおぼつかない雲の上の名門大学が並んでいます

 

あとは、、、

 

ん?

 

 

東京大学京都大学??(・・?)

 

東・京・大・学、、、略すと、、、

 

とっと東大????(@_@)

 

~~~~~(/ ̄▽)

 

UBCに決定です

f:id:unomanaworld:20190424210111j:plain