親子留学 10年目の軌跡は奇跡

これまでのオーストラリア母娘留学生活の記録とこれから始まるアメリカの大学受験準備の様子を記録するブログ

Loyola Marymount University 合否発表キターっ

今月は出願したほとんどのアメリカの大学から結果が届きます

わが子の人生の天下分けめな瞬間に立ち会わなければなりません

気が気じゃありません

うのママの神経擦り切れそうです

でも世界にはうのママと同じような状況下で一喜一憂しているご家族がごまんといるんですよね〜

世界は広いし、、です

当の本人、娘はというと10年ぶりにみる桜の開花を今か今かと楽しみにしているご様子(^.^)

今年は例年よりも早く桜が咲くみたいですね

f:id:unomanaworld:20200329133435j:plain

つぼみが芽吹いてます

f:id:unomanaworld:20200329133534j:plain

あっ!一輪咲いてる桜🌸みっけ〜

 

娘の大学の合否もどうかサクラサクで届いてほしいです

 

さて今日はLoyola Marymount University からの結果が届いてます

 

緊張が走ります........

 

気になる結果の発表です

 

ドキドキ

 

えーいっ

クリック↩︎

f:id:unomanaworld:20200329133955j:plain

リボン〜

         りぼん〜

降ってる

ヽ(´▽`)/\(^o^)/

 

合格です!

 

この大学の合格率をググると52%ってでてくるのですが今年は凄い競争率になったみたいです

18,000出願中で合格者は1,450名

計算してみる8%

実はこの大学はMerit/Scholarship 応募のみでFinancial Aid申請せずの出願だったんです

Financial Aidを申請すると合格率がグッとさがちゃうのでね

申請しなかったので合格したのかもしれません

でも 

まっ、合格です

うれしいですね

 

Scholarship も出ました

 

よっしゃーっ!

 

いくらかというと

 

f:id:unomanaworld:20200416200239j:plain

USD $3,500/年間

4年間で$14,000

(*´∇`*)

 ありがと

うれしいです

でも。。。

 

LMUの1年間の学費、、、コレ↓

f:id:unomanaworld:20200329135402j:plain

学費と寮費で US65,893ダラ〜〜

かけることの4年間です。。。

年間3,500ドルのスカラシップいただいても残り払えません払えませんからっ|( ̄3 ̄)|

ところで

このとんでもない恐ろしい数字の羅列を眺めていてふと気づいたことがあります

この学費&寮費として掲げられているこのお値段

アメリカ国籍の生徒さんも留学生も同一価格っぽくないですか?

ふ〜む。。。_( ̄〜 ̄; )

ちなみにうのママ親子が長期留学していたオーストラリアでは留学生用、国内生用の学費が存在してました

公立校の場合は国内生は無料、留学生は年間AUD$8,000〜

娘が通っていた私立校の場合、国内生の学費の倍でした

大学も同じで学費は国内生用と留学生用とあるんですね

きっちり居住者と非居住者を区別しています

国が違えばなんとやらですが、それでもこの目を剥くような高額な学費を払ってでも学歴をつけないとアメリカでは良い仕事につけない、アメリカで子育てすること、アメリカで暮らすこと自体がうのママが想像していたよりもタフで大変なことなのだと今気づかされました