親子留学 10年目の軌跡は奇跡

これまでのオーストラリア母娘留学生活の記録とこれから始まるアメリカの大学受験準備の様子を記録するブログ

日本人対象の給付型奨学金に応募してみた

一人娘がこの世に産声をあげたのが今から18年前

18年前のこの時期って生まれたてほやほやの生後2週間(^.^)

生まれたばかりの赤ちゃんだった娘なのに英語という公用語は絶対に身につけさせようと早いうちから心に決めていました

うのママの英語力、This is a pen レベルなのにね( ̄∇ ̄)

無謀すぎる計画

図書館で日常英会話本を片っ端から借りてきてはまだ言葉も話さぬ娘に思いっきりジャパニーズアクセントな英語でわが子に語りかけるゴーイングマイウエイなうのママ(英単語と日本語のミックスはしませんでした)

ですがやっぱり異様な光景だったのでしょう

日本人母がハーフにさえ見えない、純日本人な赤ちゃんにカタカナ発音な英語で話しかけているのが滑稽にみえたのね

えっ?て振り返られたりよく失笑されてましたね〜(日本だけですが)

今となっては笑い話しとなりますが当時はそれなりにストレス感じてた時期もありました

やっぱり英語圏でない国での英語習得は容易ではなかったです 

 強い信念とお金が

               とくにお金が

                     やっぱりお金がかかりました(^.^)

 

教育をつけるイコール親の経済力

これ、娘をここまで育てて痛感したことです

さて、今日はそんな貧困低学歴のスパイラルから抜け出したい若者に手を差し伸べようとする動きが日本にもみられるようになりました

給付型の奨学金を出してくれる財団が近年増えてきているんですね〜

いいことです(^.^)

娘のように私費留学すると制限される(日本の高校卒とか) こともあってそんなに多くは応募できないのですが料金もかかってこないので申込みしない理由はありませんね

今日は渡邊利三寄付奨学金に応募しました↓

f:id:unomanaworld:20200217230057j:plain

 

米日カウンシル渡邉利三寄付奨学金 - U.S.-Japan Council

 

あとユニクロ柳井正財団の奨学金も応募しました

応募はしたのですがTOEFLのスコアが必須とのことでしたが受験料が高くてね、受けられなかったんです

書類不備に加えてエッセイは日本語で書くよう指定されててね、娘にとって不利材料がてんこ盛り

望みはないに等しいと言っておきましょう( ̄∇ ̄)v