親子留学 10年目の軌跡は奇跡

これまでのオーストラリア母娘留学生活の記録とこれから始まるアメリカの大学受験準備の様子を記録するブログ

トロント大学スカラシップ結果

なんか届いてます、再びカナダからの手紙🇨🇦

前回はうれしいうれしい合格通知でしたね

ウチの場合、合格して入学許可いただいてもScholarship (給付型)をもらえないと入学はできないんです

だってほら

うのママ、娘の英語教育にぜーんぶ使ちゃってすっからかん!

日本に帰国してからは自分の生命保険を担保にキャッシングで今の生活費払っているありさまでございます(^_^;)

うのママはバブル時代の世代なんでねぇ〜

こ〜んな心細い経験マジ初めてなのよ。。。

でもまぁ、散財した訳ではなくうのママ的長期プロジェクト を遂行するため、わが子のこれからの人生を楽しく心豊かに送ってもらうための必要経費だったので悔いはなしです(^.^)

就活、がんばるぞーっ!ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

前置きが長くなりました、うのママんちの台所事情はさておき

 

トロント大学からスカラシップ関連メールが送られてきました!

 

ドキドキ

 

え〜い、クリックっ

f:id:unomanaworld:20200210043246j:plain

f:id:unomanaworld:20200210043313j:plain

ゲット(^_^)v

『Congratulations 』

この単語だ〜いすき!

よーく読んでみるとこのScholarship は娘が申し込んだLester B Pearsonスカラシップではないようです

このスカラシップは受験者が応募してないにかかわらず大学側が勝手に送ってくるようで10,000カナダドルで1回限りの支給と4年間の在籍期間中に海外研修費用を出してくれるAward です

娘の本命スカラシップ結果報告ではありませんでしたがこれは地元カナダ人高校生含めた新入生だいたい70〜90人くらいにしか送られてこないみたいなので結構競争率は高かったと思われます

娘よグッジョブ!

娘を褒めて褒めてやりたいっ!

よくがんばってるよ

ホント

でもウチの場合、これだけでは入学を断念するしかないのだよ

トホホ

このトロント大学は超マンモス校で国内、国外生いとわず本当にたくさんのスカラシップがあるので海外の大学進学に興味ある高校生さんは一度のぞいてみてね↓

Awards | Future Students. University of Toronto | University of Toronto

カナダ、とくにトロントってとんでもないくらい冬は極寒だけど大学の近くにはToronto Symphony Orchestraがあるので毎晩のようにコンサート観れるしYouth Orchestra もあるので音楽も平行していけそうだし娘にとっては願ったりかなったりな大学であることには間違いないです

ナイアガラの滝もアメリカも気軽に行けたりするしね(^ー^)

ギーミーLester B Pearson Scholarship!!!!!!!!

結果は4月初旬です(^.^)v