親子留学 10年目の軌跡は奇跡

これまでのオーストラリア母娘留学生活の記録とこれから始まるアメリカの大学受験準備の様子を記録するブログ

アメリカの大学出願は意外とめんどくさい

♪も〜い〜くつ寝ると〜お正月〜♪

もうすぐお正月かぁ

なんか変なカンジだなぁ

過去10回もHAPPY NEW YEAR ‼︎って年を越してきたもんだから久しぶりに耳にする大晦日とか元旦、初詣とかの年末年始の用語の響きがとても新鮮です(^.^)

さて

10年ぶりの日本の冬と格闘しながらもなんとか志望校の願書送付は完了しました

あとは結果を待つだけ〜

と言いたいところですがアメリカの大学出願は願書を送るだけで完了ではないんです

はっ!

富裕層のお金持ちのご家庭はここでほぼ終了です

3月下旬の合否発表を待つだけ

 

いいなぁ〜 (´ε` )

 

うのママんちは願書提出とCSS/profile を各大学に送らなければなりません(有料)

このCSS/Profileは早くいえば家庭の収支表です

大学側はこのCSS/profile の情報によって生徒ごとの両親の経済状況を把握し必要なサポート金額を算定します

これをFinancial Aidといいます

Financial Aidという名の援助金がなければアメリカの学部留学は実現不可能です

だってね

アメリカの大学は難関校だろうが聞いたことないような大学だろうが私立大学の学費は$40,000〜$45,000します

この目を剥くような高額の学費に加えてさらに寮費、滞在費のBoarding Fee $25,000〜$30,000くらいがかかってくるんです

 

1年間で$65,000とか$70,000超って。。

しかもUSドル

日本円で考えると4人家族とか余裕で暮らせるじゃん

これ、1年間です

掛ける年よ?

やっぱアっメ〜リカさん

なんでもスケールがデカすぎます

 

このような驚愕な金額をふつーに提示してくるアメリカさんですがFinancial Aid やMerit /Scholarship を留学生にも与えるオトコ前なところもあるんです

 

これらは返済不要なのでいうなれば大学費用のディスカウントなFinancial Aid  

 

喉から手が出るほとほしい( ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

だってこんな学費払えないよ〜

ふつー

YouTubeアメリカの大学受験したロシア人の彼が自身の経験から留学生で中流家庭であればFinancial Aidは申請するな!不合格の確率が高くなると訴えてました↓

f:id:unomanaworld:20190813171226j:plain

この動画をみて直接彼にコンタクトとって質問に応えてもらったり率直な意見を聞いたりしました

ですがFinancial Aid申請せずに仮に合格したとしても学費寮費が払えないと入学は断念するしかないわけで、合格したけどやっぱり学費払えないからAidくださいと申請して許可されることはないのでそうなると4年間の大学費用は自分で準備するほかありません

 

ウチの場合、選択肢はないようです

Financial Aid申請するためにこのCSS/Profile を作成しなくてはなりません

 

まずCollege Board にいってCSS/profile のアカウントを作ります

なかをちらっと覗くと〜

英語がだーっと画面を埋め尽くすように並んで吐き気がしてきます

以前に内容を把握しておこうと印刷もしました

f:id:unomanaworld:20191026075058j:plain

日本語でもややこしそうです

えっ?

それでもうのママがんばってやったのかって?

とーんでもない

サトリカレッジプランニングへ丸投げでーす(^_^)v↓

f:id:unomanaworld:20191107212856j:plain

サトリカレッジプランニングのサポートのおかげでストレスしらず

個人情報がどうとかこうとか慎重になりつつあるこの時代にこ〜んなプライベートなことまで聞くの?系の質問が数えきれないほどあります

国が違うとお金の捉え方も違ってくるし質問の意味を勘違いして誤った金額を入力した場合アメリカという国に限らずオーストラリアでもウソの申告をした!ってな展開がなきにしもあらず、ここは慎重にアメリカの気質を熟知された専門の方に お任せするのが一番です

CSS/profile の質問内容を日本語で聞いてくれるのでうのママはそれを日本語で回答しただけ(^.^)

楽ちんでした

このサポート(ファイナンシャルエイドコース)は本当にありがたかった

将来うのママの娘にように米国の大学進学に興味持たれている高校生をもつご両親は早めに問い合わせてみるといいですよ

 ↓

https://satoricollegeplanning.com/

 

ということでCSS/profile の送付も無事終了

送った大学は15校

1校につきUS$16と申込金US$9で合計US$233

はあ〜

EA出願で合格決めてくれてたらこれらの費用は不要だったんだけどねぇ〜

f:id:unomanaworld:20190424210111j:plain

ま、手がかかるほど可愛いとでも言っておきましょ