親子留学 10年目の軌跡は奇跡

これまでのオーストラリア母娘留学生活の記録とこれから始まるアメリカの大学受験準備の様子を記録するブログ

米国大学RD出願しました

ぶるぶるぶるっ

さっさむっっ

冬のクリスマスはやっぱ寒いですね〜

f:id:unomanaworld:20200103135154j:plain

うのママ親子がオーストラリアで暮らした地域は年中気候が温暖で過ごしやすく冬場になっても日本の秋くらいの気温でね、キビシイ冬の寒さに晒されることなく10年過ごしたうのママ親子は日本の寒さに慣れるのに時間がかかりそうです( ̄∇ ̄)

南半球での夏のクリスマスはこんなカンジ

ちょうど1年前↓

f:id:unomanaworld:20200103140657j:plain

クリスマスツリーも夏を演出↓

f:id:unomanaworld:20200103141205j:plain

さて

あと残り数日でお正月を迎えるわけですがウチの場合、今年の元日は米国大学Regular Decision 出願の締切日でもあるので例年のようにのんきな気分でいられません

だって、、ほら

ウチの娘EA出願したPrinceton大学をストレート落ちしたのでRD出願で受けれるだけ多くの大学を受けておかないと母とおそろの高卒( ̄∇ ̄)

それだけは回避したそうな娘に

高卒だったことで人生困ったことないけどお〜( ̄。 ̄)byうのママ

 

 

大学に行ってもっと勉強したいのっ!!

 

 

だそうです

 

ってなことで

Common Application での出願は20校が最大ですのでPrincetonのぞいたあと19校を受けるそうです

19校かぁ。。

出願料.....いっぱいかかってくるよね...(;_;)

 

まっ大学進学に伴う費用は娘が払うことになっているので好きなようにやってくれればいいんだけどね〜

Amherst College 

Barry University 

Columbia University 

Dartmouth College

Davidson College

Denison University 

Elizabethtown College 

Fordham University 

Harvard University 

Loyola Marymount University 

Oberlin College

Pomona College

Reed College

Skidmore College

Swarthmore College

University of Chicago 

Williams College

Yale University 

の願書をCommon Application から送りました

Hofstra University 

 はセレクト枠からの出願です

 

米国大学の出願には受験料はじめSATスコアの送付料、音楽のサプリメント(演奏動画)送付料がかかりました

学校によって受験料や音楽サプリメントが無料だったり娘は免除されたり色々でしたね〜

詳細をいうと

大学によって受験料は様々ですがだいたいUS$60〜$85

9校の支払いでUS$640

音楽サプリメントは$5〜$10

4校で US$35

SATスコア送付は自己申告でよい大学もあったので

9校送ってUS$108

 

合計US $783也 

 

これって高いの?安いの?

 

とにかく大学受験はお金かかるということは万国共通ということよくわかりました

( ̄∇ ̄)v