親子留学 10年目の軌跡は奇跡

これまでのオーストラリア母娘留学生活の記録とこれから始まるアメリカの大学受験準備の様子を記録するブログ

英語は生活必需品の時代です

終わった。。。

やっとSATから解放されました

神経をすり減らし眠さと闘ったこの2日間

よほど疲れてたんでしょう

今朝は珍しく朝寝坊していました

 

さて昨日のSATテスト終えての娘の感想は、、、

 

3月開催の1回目(1320点)、5月開催の2回目(1240点)よりも手応えあり(^.^)

 

やれやれです

 

結果を実際に見ないとことにはまだ安心はできませんが、Allen Cheng 氏の応援付きだからきっといい結果がでると思います

彼も心から娘に160点以上のスコアを叩き出してもらいたいはずです(^.^)

だってそれ以下なら全額返金の刑が待ってますからね〜

 

うのママ親子だって返金してもらいたくないです

160点ほし〜

160点アップだと1480点です(^.^)

 

SATスコア1480点はアイビーリーグではまだ平均値以下で Low25%域内、まだまだ低めの位置づけですがうのママ親子にとっては満足なスコアです

だってSATスコア満点で出願しても不合格突きつけられるんですから。。アメリカってところは今も昔も変わらずベールに包まれた選考システムを貫いてますね

しかしながら大学も含めて世界経済は自他共にみてもやはり今も主導権はアメリカが握っているのは歪めない事実です

 

 

ですからいまもこの先も世界の公用語は「英語」が当分続くとも言えるでしょう

英語力

無いよりあった方が有利です

いえ、この21世紀を生きていく次世代の若者とっては生活必需品の一つとうのママは断言いたしましょう

脅していっているわけではありません

英語は道具として手に入れておくべきなのです

 

文部科学省もやっとこの点に危機感を感じて過去ブログで書きましたが英語教育を小学校低学年から教科目として開始することを決定されました

 

で、す、が、

この文部科学省がお考えの英語教育の取り組み方法では英語の上達はないとうのママの見解です

 

えっ?そうなの?じゃあどうすりゃいいの?

 

うのママが最強の方法お教えいたしましょう!

 

駅前留学よりも英語塾よりも英語の上達が見込めてしかも

 

タダ

 

 

ま、とにかくうのママに騙されたと思って今日から始めましょう

 

Khan Academy  

 

カーンアカデミーとはITの聖地シリコンバレーに本部をおく完全無料の学習サイトを運営、海外でこのサイトのこと知らない学生はいないんじゃないかというほど浸透しています

簡単にこのカーンアカデミーの説明すると創立者であるインド人のカーン氏さんがボストンにあるMITの大学在学中、インドに住む従兄弟にネットを通してお勉強を教えていたのがはじまりだそうです

数学などの解き方を撮影した動画をYouTube にupされていてだれでも気軽に見れるのがカーンアカデミーです

数学は小学生レベルから大学生レベルまで範囲も幅広いです

数学だけでなく色んな科目が無料で学べますl

ちなみにうのママとカーンアカデミーとの出会いは

アメリカの大学出願エッセイについて調べているときにみたこの動画です

m.youtube.com

 

カーンアガデミーはSAT対策用の動画も配信しています

f:id:unomanaworld:20191006215115j:plain

言語は基本英語ですが最近日本語の字幕もついた動画もあるそうなので最初は日本語字幕で、慣れてきたら英語の字幕にすれば単語力もアップします

動画は今現在で1万動画くらいあるようです

数学だけでなくいろんな教科目あってバラエティにとんでいます

f:id:unomanaworld:20191006215953j:plain

動画時間はどれも15〜20分ですのでちょっとした隙間時間に見れる長さです

 

これから英語を始めようとお考えの皆様へ

高い費用を払って駅前留学や語学学校、英語塾などに申し込む前にこのテクノロジー時代の恩恵を駆使し、まずは完全無料のサイトを存分に活用することからはじめましょう

英語を学ぼうと思ったときに一番やってはいけないのが

高いお金払って英会話(日常会話)を習うこと

これ、アカンやつ

英語を習得するしたいのであれば

興味ある分野を英語で学ぶ

これが一番伸びるやり方です

週1〜2回英会話に通っても英語は決して身につくことはありません

それよりも毎日画面上であっても英語を聞く状況を作る、そして英語を話す人種を見慣れることのほうが有効なのです

 

うのママ、カーンアカデミーの回し者ではありませんが、アメリカの大学の情報収集にも大いに役立ったサイトなので参考にしてみてくださいね!

 

オーストラリア出国まであと63日

 

参照元 

https://www.khanacademy.org/