親子留学 10年目の軌跡は奇跡

これまでのオーストラリア母娘留学生活の記録とこれから始まるアメリカの大学受験準備の様子を記録するブログ

江副記念リクルート財団に応募してみた

そろそろ夏の到来を感じる晴天続いてます、オーストラリアからうのママです

お外はとーっても爽やで気持ち良さそう〜

 

こーんないいお天気なのにうのママ親子は先週金曜に生徒宅へ出張レッスンに行ったの最後におウチから一歩も出てない。。。

 

「出ていない」というより「出れない」

 

のほうが近いかもしれない

 

今週土曜日は、、、

 

恐怖のSATテストの受験日なのです

 

娘はこのテストで確実にスコアアップを図らなければアメリカの大学進学の道は完全に閉ざされたも同然となるでしょう

そうならなぬようにうのママはオンラインSAT対策コース「Prep Scholar」に申し込みました

 

「Prep Scholar」に決めた理由

 

それは

 

SATスコアの最低160点アップ保証

160点以下ならば全額返金  (^_^)v

 

これ凄くないですか?

よっぽどコーチングシステムに自信がなければ出来ないことです

 

ただし

「Prep Scholar」のメゾットをクリアした者のみが対象です

 

このPrep Scholar メゾットは至ってシンプル

SATのMathとEnglish の問題がタイプ別に49の単元として用意されていてこの単元を一つずつクリアしていくというスタイルです

 

単元の数字は難易度別ではなく49項目のタイプ別で数字がついているだけなので数字が大きくなると難しくなる訳ではありません

各単元で一問でも不正解があったら全問正解するまで同じ単元にとどまる形になります

この49単元を終了さえすれば、極論いうと159点アップしたとしても160点に到達しなかったということで全額返金対象になります

ご自身のメゾットによほど自信がおありのようです(^.^)

設立者Allen Cheng氏⬇︎

 

f:id:unomanaworld:20190622231604j:plain



この160点アップ保証にも条件があります

49単元をクリアした場合のみの適用で例えば48単元までやって1単元挫折すると全額返金はなされません

 

どれどれ、あと3日後に迫った運命のSATテスト

ウチの娘のPrep Scholar 進行状況は、、、と、、

 

受験日まであと3日に迫り口数も減ってピリピリしてるのでちょっと声かけづらい

f:id:unomanaworld:20191003011612j:plain

恐る恐る近づいてみる

 

顔を覗くと

 

なんか目が赤い

  寝不足?(・・?)

 

気のせいか目が潤んでるような。。。

 

Σ(Д|||

       なっ泣いている

 

うのママなんか見てはいけないものを見てしまった気がして思わず食材買いにスーパーに行ってくるね〜

と速攻で脱出ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

このような状態の時はそっとしておくに限ります  σ(^_^;)

f:id:unomanaworld:20191002213153j:plain

世間はスクールホリデーでお外はたくさんの人で賑わっていました

土地柄ですね!短パンの警察官がパトロール中(^.^)

 

買い物を終え帰宅、勇気をだして「Prep Scholar」の出来具合確認してみました

 

言葉を選びながら陽気なカンジで

 

うのママ:  ねねっ! 好物のダークチョコ買って来たよ、少し休憩したら?食べる?   で、今どこらへん?

 

娘 : 「Prep Scholar 」のこと? 今25、、、、26でつまづいてる。。。

 

え?( ̄ェ ̄;)

 

あの〜 このコース49単元、、、25ってまだ半分の辺をウロウロしてるってこと?

 

うのママ、家出したくなりました

 

はぁ~

 

こりゃ返金のことは記憶から抹消した方が良さそうです(; ̄ェ ̄)

 

前置きが長編すぎました

 

さて今日はあらゆる可能性に望みを託し締切日ギリギリでしたが江副記念リクルート財団の奨学金制度の応募をしてみました

 

この財団の奨学金は完全給付型で返済は不要です

この江副財団の奨学金制度は数年前、当時は音楽関連の情報収集していたときから存在は知ってはいましたがまさか音楽以外で応募することになるとは予想もしていませんでした

 

f:id:unomanaworld:20191002232722j:plain

f:id:unomanaworld:20191002232801j:plain

⬆︎この学術部門で申請しました

申請料もないのでもし合格できたらRD出願はファイナンシャルエイド無しで出願が可能になるかもしれない

そうなると、、、

合格率が大幅にアッ〜プ!!(^ー^)

とはいっても留学生枠でいうと1%なんだけどね( ̄∇ ̄)

イバラの道はまだまだ続きます

 

オーストラリア出国まであと67日

 

引用元

https://blog.prepscholar.com/author/allen-cheng

https://www.recruit-foundation.org/