親子留学 10年目の軌跡は奇跡

これまでのオーストラリア母娘留学生活の記録とこれから始まるアメリカの大学受験準備の様子を記録するブログ

ペンシルベニア大学の説明会参加してきました

昨日は予約しておいたアイビーリーグの一つペンシルベニア大学の大学説明会に行ってきました

娘は試験週間真っ只中ということでうのママ一人で行ってきました

会場はGrammar school という男子校

5pmぴったりに到着

f:id:unomanaworld:20190909175754j:plain

参加者のみなさんは親子揃って来られていました(^_^;)

 

世界屈指の難関大学と名を轟かせるアイビーリーグペンシルベニア大学

その名門校現役アドミッションオフィサーからどんな最新情報を収集できるのかと興味津々しっかり聴き取りできるよう神経集中し耳を研ぎ澄ませていました

オフィサーは大学の所在地の説明から始まり設備や専攻科目、寮についてなど大学構内における基本情報話されました

 

       そりゃそうでしょうとも

        学校説明会ですもんね

 

一般的なことお話され次は出願のプロセス、Common Application についての説明があり出願書類のSATスコアに成績表、推薦状etc。。。

 

       うのママこの辺りで(50分経過)で

        いや〜な予感がしてきました。。

        だって、、

        ここまでお話しされたことって

        ネットで調べたらわかる基本的なこと。。

        まっまさかね、、

 

アメリカの大学の出願で最も重要なのはアーリーアクション、アーリーデイシジョン、レギュラーアクションと出願方法が色々あるのでしっかり締切日を確認しながら準備することです。え〜あと少し時間が余っているようなので質問ある方はあとで私の元へいらしてください、本日は大勢お集まりくださりありがとうございました

 

           えっ ?

                   終了?

             もしかしてイヤな予感的中?

これ、5月に参加したカレッジフェアとほぼ同じですやん!  

 

着席していた参加者親子が一斉に立ち上がってオフィサーに向かって移動し始めてる

あっというまに列ができてる

とっとにかく並ばねば!

 ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

アイビーリーグの現役アドミッションオフィサーが来るということでパーソナルエッセイや課外活動、質問事項を箇条書きしたものを娘から託されたので目を通してもらってアドバイスもらえるチャンスだとうのママ気を取り直し列に加わりました

盗み聞きしたわけではありませんがどの参加者の質問も大学のHP見ればわかるだろ?って内容のオンパレード!こらこらアナタ方は英語が母国語でしょ?ホームページ読めホームページ!o(`ω´ )o

イライラするうのママ

ふう〜ようやくうのママの番が回ってきました

 

うのママ:娘がアイビーリーグを出願予定でCommon Application アカウント作成しSATも来月3度目の受験を控えています。今日は出来立てホヤホヤのパーソナルエッセイを持参したので読んでいただきアドバイスあればお願いします

 

ここで会場の学校スタッフが割って入ってきた

 

オフィサー:ごめんなさい!私のフライトの時間が迫っているようなので質疑応答は終了させていただかないといけないようだわ。お待ちの皆様申し訳ないわね〜

 

足早に会場を立ち去っていくオフィサー

 

( ̄(工) ̄)

 

学校説明会に参加して気づいたこと

単体の大学主催の説明会であろうと複数大学の共同フェアであろうと要は大学HPの掲載内容を人前で音声にしている、これが学校説明会というものとうのママの中でインプットされました

 

人それぞれですがうのママには無用のイベントでした

 

会場を出ると外はもう真っ暗で強風が吹き荒れブルブル震えながらトボトボ帰路についたのですが参加して良かったこともありました

それは何かというと

会場となった学校というのが世界的バイオリニストRay Chen氏の母校なんです⬇︎

f:id:unomanaworld:20190910214346j:plain

f:id:unomanaworld:20190910213621j:plain

f:id:unomanaworld:20190910213709j:plain

f:id:unomanaworld:20190910213751j:plain

f:id:unomanaworld:20190910213816j:plain

 

説明会はちょっと想像していたものと違っていたのでがっかり気味でしたが世界レベルのコンサートバイオリニスト レイ チェン氏が通っていた学校に来れて雲の上の存在を身近に感じることができたので来てよかったなと思います(^.^)

 レイ少年はこの学校に毎日通ってたんだ〜

 

f:id:unomanaworld:20191123140454j:plain

15才でアメリカにある世界最高峰Curtis 音楽院に合格するまで師事していた元音大教授(^.^)

f:id:unomanaworld:20190910214028j:plain

今は70才を超えているのに若いっ

アメリカに渡りCurtis音楽院時代レイ少年が習っていた先生Mr.Rosand氏  ⬇︎

f:id:unomanaworld:20190910221305j:plain

お亡くなりになるちょうど1年前アメリカ滞在中にご縁あってレッスンしていただきました。90才超えとは思えないほど若々しかったです

f:id:unomanaworld:20190713202432j:plain

オーストラリア時代、アメリカ時代の先生方に指導してもらって娘はまるでレイ チェンさんのストーカーのようです(^_^;)

 

 

追記

 

過去ブログの記事で1箇所訂正があります

レイ チェン氏の使用楽器ヨアヒムのストラデイヴァリス、数億円と書きました

⬇︎背中にしょってるやつ

f:id:unomanaworld:20190910214141j:plain

f:id:unomanaworld:20190910225221j:plain

現在10億ドル(1,000万ドル約12億円)みたいです( ̄∇ ̄)

 

オーストラリア出国まであと89日 

 

引用元

http://www.brisbanegrammar.com/NewsandEvents/Publications/Pages/The_Grammarian/2016-OCT/International-violin-star-wows-crowds-at-Proms.aspx