親子留学 10年目の軌跡は奇跡

これまでのオーストラリア母娘留学生活の記録とこれから始まるアメリカの大学受験準備の様子を記録するブログ

2019年もはや後半戦。。。

今日から9月ですね〜( ´ ▽ ` )

オーストラリアからうのママです

ついこないだ2019年の年明け迎えたばかりと思っていたのに気付いてみると今年もすでに3分の2過ぎてる。。。。( ̄∇ ̄) うのママの時間だけ早送りされてんの??

2019年New Year’s Eveがつい昨日のことみたい。。

f:id:unomanaworld:20190901191525j:plain

⬆︎2019年の年越しは地元のイベントに呼んでもらってました(^.^)

学校は違うけどバイオリンつながりの友人が陣中見舞いに来てくれたのですがホントつい先日のことのような感覚です

よくよく考えてみると来年2020年の年越しはもうここオーストラリアにはいないのよねえ〜

10年ぶりに大晦日&元旦を日本で迎えることになるわけだけどなんか不思議なカンジだし実感が湧いてこないなぁ〜

日本の冬も想像もつかない、というか温暖な気候に10年も甘やかされてきたこの体が日本の冬の寒さに対応できんの?考えるだけで恐ろしいです

 

さて

 

今日は大手術を終えた娘のバイオリン引き取りに行ってきました

f:id:unomanaworld:20190901154704j:plain

娘のバイオリンです

。。。と

 

言いたいところですがこのバイオリンは娘の先生のAmtiです(^_^;)

これ本物なんですよ

Nicolo Amati (ストラディヴァリウスグァルネリの師匠)の息子の作品になりますがとても高価なイタリア製バイオリンです

f:id:unomanaworld:20190901155318j:plain

娘のはこれ⬇︎

f:id:unomanaworld:20190901155217j:plain

見比べて驚きました

娘のドイツ製のバイオリンと先生のGirolamo Amatiに形がソックリ!

娘のバイオリン、間違いなくアマティモデルです

ちょっと小ぶりで表板と裏板は膨らみのあるボディが特徴的です

 

どこが不具合だったかというと指板(黒い棒の部分)下がって表板との幅が狭くなったのでリペアに出していました

それに伴ってブリッジとサウンドポスト(ボディ内部に立っている木片)の交換をしていただきました

 

これでしばらくは安心して練習できそうです(^.^)

 

オーストラリア出国まであと98日