親子留学 10年目の軌跡は奇跡

これまでのオーストラリア母娘留学生活の記録とこれから始まるアメリカの大学受験準備の様子を記録するブログ

1人1回限り米国大学出願無料相談に再度申し込んでみた

ただいま朝4am。。オーストラリアよりうのママです

 

やっちゃいかんです

 

でもやっちゃいました

別名(母の名前)で登録して『In Genius Prep』の無料電話相談を予約した娘

 

いけないことです

 

でもうのママ見て見ぬフリ

 

だって、、

前回のコーネル大学/ハーバード大学院卒生のカウンセラーさんのアドバイス???相談にのるというよりも不安を煽られただけな後味の悪さ。。。 無料だもんな、こんなものなのかもしれないと思ったんですよ

一瞬

でもね

カウンセラーが違えば意見も違ったりするのかなと興味本意もあって名前変えて再度予約することに決めたわが娘←良い子はマネしないでね

 

 

手順は初回予約と同じ

予約時間にスカイプコール

 

クリック! 

(°▽°) 

つながった

 

スカイプコールに出てくれたカウンセラーはスタンフォード大学卒生

 

声のトーンが穏やかな感じで前回のカウンセラーより話しやすそうでホッとしました

 

前回同様、自己紹介から始まり同じ内容の相談をしました

 

前回のコーネル大学/ハーバード大学院卒生カウンセラーは娘の課外活動(10個)の説明文にインパクトがないから変更した方がいいと娘に言ってました

今回のスタンフォード大学卒生のカウンセラーも似たような指摘をしていましたが話し方の印象がかなり違いました (人が違うから当然のことですが。。)

 

今回のカウンセラーとのやり取り⬇︎

S:課外活動の内容とてもいいわ、説明文はだれかに手伝ってもらったの?

娘:いえ、自分で考えて友人2人に見てもらいました

S:そうなの?専門業者通さずこの説明文を考えたのなら大したものだわ。これにもう少し具体的な数字なんか加えたらもっと良くなるわよ!

 

スタンフォード大学卒生カウンセラーさんに労いの言葉かけてもらったことで少し萎縮していた娘の声も明るくなってました( ´ ▽ ` )

 

セーフティ大学の出願に関して何校くらいが妥当かの質問もしてみました

 

そうね〜、、3、4校くらい受けてみたらいいんじゃないかしら?でもあなたの場合セーフティ大学をやたら多く受けることは勧めないわね、受験料もバカにならないからね。大学出願であなたが最も気にしているところは経済面でしょ? だったら出願リスト大学に入学できるような戦略を考えないとね。 あなたの志望校のHarvard大学、 Yale大学、Princeton大学、この3校にこだわりがないのであれば敢えてこの3校のEarly Action出願は外してColumbia 大学かDartmouth 大学のEarly Decision 出願を使い、他の出願大学はEarly Action出願にしてとにかくどこかの大学の「合格」の確率を高めるのも戦略のひとつよ。気がついてると思うけどEarly Action はRegular Decision に比べると2倍の合格率になってるでしょ?これ、まともに受け止めないでね。Early Action出願はレガシー枠とスポーツ枠の受験生が応募してくるその影響で合格率が数字的に2倍になってるだけなのよ。あなたを含めた一般受験生にとってはEA出願だろがRD出願だろうがさほど変わらないってこと理解しておくべきね

注) 出願には3つの方法があるます Early Decision >Early Action >Regular Decision合格率はED出願がもっとも有利になります 

あと残念ながらスタンフォード大学の留学生へのサポートってあんまりよくないの。。。無いに等しいはずだけどスタンフォード大学って留学生に人気があるようで大学側がファイナンシャルエイド出さずとも大勢集まってくるもんだから用意する必要性がないってわけ。。あなたの出願リストにスタンフォード大学がなかったからその点はもう把握してるんだろうけど、念のため。。 大学受験の準備大変だろうけどがんばってね!あなたの努力が報われること心から祈ってるわ、グッドラック!

 

プープープー

 

うのママ泣きそうになりました

 

同じような回答であっても言葉の選び方話し方でこんなに違ってくるんだね〜 なんて娘と顔を見合わせて笑っちゃいました

 

オーストラリア出国まであと162日