親子留学 10年目の軌跡は奇跡

これまでのオーストラリア母娘留学生活の記録とこれから始まるアメリカの大学受験準備の様子を記録するブログ

3度目のSAT受験決定!

米国大学進学適性テスト、Scholastic Assessment Test 略してSAT

アメリカの大学出願には欠かせない必要添付書類

難関大学の合格者75%が満点か満点に近い点数たたき出すこのSATテスト

わが娘は2回受験をした結果、平均点にさえ届かず大惨敗(T . T)

娘はがんばってました

ハチマキしめて。。。^_^;

全力でがんばった結果がコレ

1320

現実を受け止めるしかありませんでした

3回目の受験したとしてもスコアが上がる保証はないですから娘のこの低いスコアをカバーする(エッセイや課外活動)ことに時間を費やしたほうがいいのではないかとSATテストはもう受けないと決めていました。受験料もかかりますからね。

す〜っかりSAT終わったモードだった娘が、崇拝する先輩の鶴のひと声で一瞬にしてSATに立ち向かう戦闘体制へ。。。

 

打倒 SAT‼︎‼︎

 

3回目の挑戦決定(`_´)ゞ

 

テストは10月5日

先輩の指示に従い今度こそ結果を出すためオンラインTutoring サイトに申し込むことにしました

⬇︎このサイト

f:id:unomanaworld:20190622102222j:plain

ウェブ上に星の数ほどあるサイトの中でここに決めました

なんでって?

ふふふ、このサイト運営者(ハーバード卒)はよほど自信がおありなのでしょう

最低160点アップを保証するとあります

160点アップできなかったら。。。

 

全額返金(^_^)v

 

f:id:unomanaworld:20190622185809j:plain

うのママ早速一番お安いプラン申し込みました

 

公約にある「160点確実アップ」が事実であれば娘のSATスコアは1480点になります

アイビーリーグの平均点には届きませんが1300点台とは雲泥の差です

180点アップなら大台1500点台じゃん!!

その逆で点数が160点満たない場合あったとしてもだよ?

例えば150点だったりしても1470点です

ギリギリですが難関校の25%域

 点数あげてもらって

全額返金

どっちに転んでもウチの場合は実質的な損はないってことになります

 

男前すぎる。。。

『PrepScholar』

f:id:unomanaworld:20190622231604j:plain

⬆︎PrepScholarのCEO、Allen Cheng氏

 

娘のSAT スコアが本当に劇的にあがるのか今から楽しみになってきました(^.^)

 

オーストラリア出国まであと169日

 

引用元

https://www.prepscholar.com/sat/s/