親子留学 10年目の軌跡は奇跡

これまでのオーストラリア母娘留学生活の記録とこれから始まるアメリカの大学受験準備の様子を記録するブログ

海外に住むことは人種について考えさせられること

西の方角を眺めると山岳に沈みゆく お月さま

ただいま朝の6時、オーストラリアからうのママです

f:id:unomanaworld:20190619071924j:plain

そして東をみると

f:id:unomanaworld:20190619072401j:plain眩い太陽さんのお出ましです

うのママんちから年に2回くらいかな?このような現象を楽しむことができるんです

娘も朝型のライフスタイルに変えたおかげで留学生活最後の年ギリギリに見ることができました

 

さて今日は娘の出願校Oberlin大学である騒動が勃発しております

  ⬇︎

Oberlin ordered to pay bakery $11 million over protests

 

f:id:unomanaworld:20190618220158j:plain

 

騒動の内容は

2016年、オーバリン大学の黒人学生(当時2年生)3名が地元のパン屋(コンビニのような小売店)でワインを万引きし、店主が警察に通報その場で学生は逮捕されました。この学生が黒人だったため(パン屋オーナーは白人)、オーバリン大学の100名を超える学生がパン屋前に集結し(万引きくらいで学校に通報ではなく警察呼ぶとは)人種差別だ!抗議がおこりました。それだけにとどまらず学生たちはパン屋の利用客や近所に不買を促すビラも配ったりを繰り返したようです。大学側の対応はこの騒動を鎮静するどころか大学のナンバー2の副理事長までもこのデモに参加する始末。そして長年に渡り大学購買部へ食品を卸しているこのパン屋さんとの取引も一方的に一時中断させるという暴挙にでました。2017年、パン屋オーナーは意を決してオーバリン大学と副理事長を相手取って訴訟を起こします

f:id:unomanaworld:20190618220216j:plain

そして先週ようやくこの2年に及ぶ裁判の判決がでました

結果はパン屋さん側勝訴

11億ドルを名誉毀損営業妨害の損害賠償としてOberlin 大学がパン屋さんへ支払うよう命じる判決でした。。。

11億ドル。。(; ̄ェ ̄)です

単一民族の日本で生まれ育ったうのママはこのような人種差別問題はよくわかりませんが、そもそもこの件に関していえば人種がどうこうはカンケーないですよね?万引きは窃盗罪、犯罪ですから警察に通報した店主を人種差別者呼ばわりするほうに違和感があります。

なんか最近アメリカ全土で人種問題についてやや過敏になっているような気がしてなりません。トランプ政権(白人至上主義)が影響してるのかなと思ってしまいますね、オバマ政権時代だったら穏便に済まされていたことでしょう

黒人系もそうだけど近年は韓国中国系アメリカ人の人種差別も年々激しくなっていますし改善どころか悪化しています

アジア系アメリカ人ハーバード大学を訴訟⬇︎

f:id:unomanaworld:20190426162200j:plain


ハーバード大学も過去アジア系アメリカ人に合否の不公平さで訴えを起こされました。この判決はハーバード大学が勝訴しました。仮に敗訴したとしてもハーバード大学には4兆円を超す小さい国の国家予算並みの豊富な運営資金を持つ総合大学はビクともしません。オーバリン大学はどうでしょう。。生徒数3,000人ほどのカレッジ。。。敗訴し数十億ドルの損害賠償金に高額な弁護士費用がのしかかることが確定したオーバリン大学。。。上訴するのかな?

うのママの稀有は裁判の行方より今後入学してくる留学生に従来通りのサポートをしてくれるか。。です( ̄∇ ̄)

 

オーバリン大学は出願料無料の数少ない大学なので出願することに変わりはありませんが今後の動きに目が離せません

 

 

オーストラリア出国まであと173日

 

引用元

https://www.academia.org/oberlin-college-student-newspaper-editorial-blasts-jury-decision-blames-verdict-on-authoritarian-united-states/

http://tbdailynews.com/get-woke-go-broke-oberlin-college-must-pay-33-million-to-bakery-for-encouraging-students-to-protest-bakery-after-black-student-was-arrested/