親子留学 10年目の軌跡は奇跡

これまでのオーストラリア母娘留学生活の記録とこれから始まるアメリカの大学受験準備の様子を記録するブログ

カナダ Toronto大学、出願します

夜が明けたばかり早朝6時半、ヨットクラブ前よりうのママです

f:id:unomanaworld:20190614202932j:plain

今朝は学校の登校前に地元の政治家や企業のCEOの方々が集まるパワーブレックスファーストに招待されていて会合場所のヨットクラブに娘を送迎しました

娘は高校生代表(アカデミック キャプテンなんです)でこの会合に呼んでもらったようです

f:id:unomanaworld:20190615170741j:plain

会場には200名くらい、2時間半にも及んだ朝食会で大人ばかりだしさぞ退屈しただろうと娘に感想きいたらあっという間だったそう。。一瞬焦ったけどで流れで即興スピーチをすることになったらしくてね、スピーチ良かったよ!と多くの人が話しかけてきてくれたので時間持て余さずに済んだと話してくれました

わあ〜即興でスピーチできるんだ〜

(*^ω^*)

オーストラリアに来てすぐに習わせたスピーチ&ドラマ効果?

レッスン代はムダにしてない( ̄+ー ̄)

 

さて今年11月の高校卒業を控え大学進学を目指し出願校も確定しつつあります

 

今日はアメリカ以外の大学の出願校を紹介しましょう

出願校3校を予定しています

3校のうち2校はカナダ

あと1校はシンガポールです

 

まずカナダの大学、出願校はトロント大学です

この大学が提供する留学生のためのスカラシップ狙います

f:id:unomanaworld:20190615180200j:plain

f:id:unomanaworld:20190615180502j:plain


毎年37名の留学生に与えられるこのスカラシップ、獲得できたら全額学費免除に滞在費及び全ての費用をカバーしてくれるようです

トロント大学の近隣にTronto Symphony Orchestra のレジデンスホールもあるので引き続きバイオリンの個人レッスンも継続できそうな立地(^.^)

10代の女学生のはじめて海外暮らしを考えると親としてはアメリカより銃規制があるカナダのほう受かってもらいたいですね

 

このスカラシップは所属する高校からの推薦があってのエントリーになります

 

推薦してもらえるように優秀な成績に加え学校生活での態度(内申?)も重要になるので普段から担当先生とのコミュニケーションとるようにしましょう!

先生へのゴマすりオッケー⁇

f:id:unomanaworld:20190306163948j:plain

 

オーストラリア出国まであと177日