親子留学 10年目の軌跡は奇跡

これまでのオーストラリア母娘留学生活の記録とこれから始まるアメリカの大学受験準備の様子を記録するブログ

出願校 Williams大学 Colby大学 Corleton大学

水平線からのご来光( ´ ▽ ` )

オーストラリアからうのママです

f:id:unomanaworld:20190611211711j:plain

冬限定の風物詩、このようにウチの窓から朝日が昇ってくるのがみれるんですよ(^.^)

神々しくていつもうっとり見とれています

冬が過ぎると太陽はどんどん右方向に移動して写真右手の建物で朝日が見えなくなるのです

そして夏が終わる頃になると逆に左へ移動して写真の位置までやってくるんです

この太陽の移動の幅が地軸の傾き23度、地球が太陽の周りを回っているんだな〜と感じる瞬間です

こんな天体ショーを10年も楽しめたうのママは幸せ者ですね〜

娘も今年になってから朝型の生活に切り替えたことによって10年目にしてやっとこの素晴らしい瞬間を生でみることができました

 

さて、今日も出願校ネタです

娘の出願校

総合大学

Harvard 、Princeton、Yale、Dartmouth、Columbia 、Chicago 、1校増えてJohn Hopkinsの7校

カレッジ

Oberlin、Amherst 、Williams、Colby 、Corletonの5校

 

このうちでまだ触れてない大学は、、、、

Wiliams 、Colby、Corletonかな?

 

ではまずWilliams College !

 

このカレッジ(大学院の併設無し)はとにかく留学生に安定したファイナショナルエイドを提供することで有名な大学です

f:id:unomanaworld:20190611220110j:plain

f:id:unomanaworld:20190611220137j:plain

留学生にと〜ってもやさしくてと〜っても気前がよいことで有名なのがこのWilliams 大学なんです

ウチの場合、そこんとこが重要ですので出願校リストに真っ先に入れてました

留学生にと〜ってもナイスな大学ですが、、、誰にでもかれにでもではないんです⬇︎

f:id:unomanaworld:20190611220732j:plain

天才限定( ̄▽ ̄;)

SAT平均1468

娘のスコアはこの平均値よりはるか彼方の下方におります

ですが、出願の意志は変わりません(`_´)ゞ

米国の大学の合否基準だけは何が起こるかわからない!そう!アメリカ映画さながらのドラマチックな展開があるかもしれない!それがあっめ〜りか🇺🇸というもんです(^ー^)v

 

Colby 大学 とCorleton 大学

 

この2大学はマメにリクルートメールを送ってきてくれる大学です

それにね

この2大学ってね

なんとなんと

出願料が無料なんです‼︎

ヽ(´▽`)/

と〜っても財布に優しい大学です

 

そしてColby 大学は2020年(class2024)の出願者へのSATのスコア義務付けがなくなりました\(^o^)/

 

なに今、名門校で流行ってんの?

SATスコア重視しませんっての

ここ最近になってSATスコア改ざん、替え玉問題が発覚したり中国人両親が7億円払って入学させたのが表沙汰になったりスキャンダルが続いたのもカンケーしてるのかな?

ウチにとっては好都合だからいいんだけどね。。。

 

ちなみにこの2校の昨年度のSAT平均はというと

 

Colby大学     1410

Corleton大学 1445

ヒドゥン アイビーに名を連ねてる大学ですから。。。やっぱと〜ても難関校

( ̄ェ ̄;)

 

ほんと心配になってきた。。。

頼むでホンマ

f:id:unomanaworld:20190424210111j:plain

オーストラリア出国まであと180日