親子留学 10年目の軌跡は奇跡

これまでのオーストラリア母娘留学生活の記録とこれから始まるアメリカの大学受験準備の様子を記録するブログ

日本人限定スカラシップ!Oberlin大学

今週は試験週間で午前中には学校終わります

今日は苦手な数学でした

これでも中等部Year9まではAかA-を維持していたんです。Year 10,Year11と2年連続で数学はB+ に下がってしまいすっかり自信をなくしていましたがこの苦手科目をたとえ少しでも右肩上がりにして卒業したいと奮闘しているところです

娘の学校の成績は15段階あります

A+ が1番ハイスコア

A

A-

B+

B

B-

とEまで

めちゃ細かく分かれています

うのママの高校時代の成績は5段階評価でしたが日本は今も全国的に5段階なのかなあ?国によって通信簿のつけ方も様々ですね〜

 

さてさて

今日は娘の志願校リストにあげた大学情報の続きです

オーバリン大学

f:id:unomanaworld:20190604210947j:plain

この大学は学部のみの4年制大学で大学院はありません。生徒数が4年生まであわせて3,000人未満の小規模な大学です

この大学の志望理由は通常の大学の「学部」と独立した「音大」が併設されているというところです

音大生にもなりたい、でも普通の大学生も捨てがたい。。。

両方極めていきたいからどっちかって決められないよ〜by娘

オーバリン大学は娘にとって夢のような大学です

 

しかもっ

 

なんとなんとこのオーバリン大学には日本人のみ対象のスカラシップがあるというではありませんかっ!!!

 

思いっきり日本人ひいきしてくれるというそのスカラシップとは

これっ

      ⬇︎

ライシャワー奨学金

f:id:unomanaworld:20190604211021j:plain

 4年間の学費はもちろん寮費+滞在費全てカバー

 おまけにキャンパス内で就労(有給)の機会も与えてもらえたりもします

どんだけ親日なのお〜

 

この奨学金の名称であるライシャワー氏は親日というか日本生まれ、17才まで日本に住んでいたんだそうです。父親のA.Eライシャワー氏が宣教師で来日、E.Oライシャワー氏は日本で育ちました。学校はアメリカンスクールに通ってたそうです。アメリカに渡り大学に進学します、その大学がこのオーバリン大学です

この生い立ちとあともう一つ、ライシャワー氏の再婚した女性が松方ハルさんという日本人女性ですのでライシャワー氏って本当に日本にゆかりのある方のなのです(^.^)

 

海外の大学で学びたい、でも留学費用が。。。と躊躇されてる日本の高校生みなさん!ぜひこの奨学金制度に応募してみてくださいね!

オーバリン大学は出願料も無料という珍しい大学ですしSATスコア調べてみると平均1360とありますので娘のSATの点数とはかけ離れてませんので娘もこの奨学金狙っていきます(`_´)ゞ 

 

 追記

日本の大学で桜美林大学ってありますよね?この大学って創立者もこのオーバリン大学出身だそうです

桜美林はOberlinの音を漢字に当ててつけたそうですよ(^.^)

創立者 清水安三の思想と人生 | 桜美林学園

 

日本人大歓迎!を前面に出しているオーバリン大学、、娘にリクルートメールも送ってくれたり、、、勝手に親近感持っちゃっていいですか?♪(´ε` )

 

オーストラリア出国まであと187日