親子留学 10年目の軌跡は奇跡

これまでのオーストラリア母娘留学生活の記録とこれから始まるアメリカの大学受験準備の様子を記録するブログ

SAT subject テスト math1 受験します

オーストラリアの週末はみんな早起きです

オーストラリアよりうのママです

f:id:unomanaworld:20190601080521j:plain

ラグビー

f:id:unomanaworld:20190601080607j:plain

↑テニス

f:id:unomanaworld:20190601080653j:plain

↑水泳

 

ただいま朝の7時半です

日中の様子ではありません

朝です、朝!

地域的なこともあるでしょうけどオーストラリア人の週末はとってもアウトドア、朝から良い汗を流して清々しいですね〜

その同じ敷地で娘は机に向かって冷や汗流し奮闘しておるはずf^_^;

f:id:unomanaworld:20190601082134j:plain

本日娘が受験するSAT テストはsubject test Math1です

受験科目は理、数、英、歴、言語のなかから好きな科目を選んで受けます

アメリカの大学の多くはSAT subject test 2科目の受験を勧めていますが(あくまで任意)2科目以上受ける人が多いです

というのは複数受けて高いスコアがでたらそれを選んで送ることができるからです

複数受験するということはその数だけ受験料も比例して費用が増えていきます

1科目US$100ですのでけっこう家計を圧迫しますのでウチの場合は必要最低限の数だけの受験です

今回娘はsubject Math1テストを受験中

所要時間は1科目1時間です

SAT subject Mathのみ難易度別にMath1 、Math2と選択できるようになっています

Math2の方がMath1より難しくなってます

アメリカ名門校を受験するような高校生はほとんどが難しいほうのMath 2を受けてます

そして満点に近い点を叩き出しています

アイビーリーグに出願する高校生でMath1受ける人ほぼいません

 

あっ

 

いました

ここに約1名⬇︎

f:id:unomanaworld:20190424210111j:plain

日本人高校生でもSAT subject math 受ける場合はMath 2 選んでますね

SATテストのMathはメインにしろSubject にしろ一般常識テストレベルなので英語の壁があったとしても日本人高校生にとってはカンタンな基礎問題テストにすぎません

 

なのに

ウチの子はうなってます

う~~ん(;-_-;) Math 

 

本当にキライみたい

 

テスト終えた娘の第一声

 

高得点の見込みはない

 

でしたf^_^;

 

トホホ

 

結果は2週間後!

 

オーストラリア出国まであと190日