親子留学 10年目の軌跡は奇跡

これまでのオーストラリア母娘留学生活の記録とこれから始まるアメリカの大学受験準備の様子を記録するブログ

アイビーリーグ、コロンビア大学について調べてみた

コロンビア大学はニューヨークのマンハッタンに位置する総合大学でアイビーリーグでは学生数が最も多く大都会にある絶好のロケーション!学部生は他のアイビーリーグと同じくらいなので大学院生が多い大学です

大学のカラーはライトブルー

f:id:unomanaworld:20190529000358j:plain

マスコットはライオン

f:id:unomanaworld:20190529000422j:plain

気になる留学生への経済サポートは他のアイビーリーグ同様、とても充実しています

このコロンビア大学、娘にとって一番注目している大学なんです

その最大の理由はというと

音楽大学の高峰ジュリアード音楽大学との提携プログラムがあることです!

f:id:unomanaworld:20190528213810j:plain

クラシック音楽を学ぶ学生達が目指す音楽大学といえば

 

ジュリアード音楽大学(コロンビア大学の近所)

カーティス音楽大学(フィラデルフィアUSA)

ウイーン音楽大学(オーストリア)

 

この世界3大トップの音楽大学クラシック音楽界では名門中の名門校!

カーティスの合格率はハーバード大学より低いんですよ!

このコロンビア大学では世界最高峰のジュリアード音楽大学の授業を受講できて同時にアカデミックな分野も学べるお得感満載なプログラムもつ大学なのです

しかも立地がニューヨーク、マンハッタンよ〜

コロンビア大学生になったら本場ブロードウエイミュージカルや世界中のお金が集まるウオール街、国連などが身近にある生活って凄すぎません?

f:id:unomanaworld:20190528223150j:plain

  ⬆︎中3から模擬国連に興味持ち参加している娘が国連本部に訪れる日がこようとは思ってもいませんでした

 

あとコロンビア大学出身の著名人といえばオバマ元大統領ですね

うのママ正直に申します

オバマ元大統領がハーフって知りませんでした

f^_^;

オバマ元大統領の父親はアフリカのケニア出身の黒人で母親はアメリカのカンザス州出身の白人女性

ラク オバマの母親アンはカンザスで生まれで両親と共にハワイに移住

ラク オバマ シニア(オバマ元大統領の父親とは同名)がアフリカから奨学生としてハワイの大学に留学中に二人は出会います。のちに二人は結婚しバラク オバマ ジュニアの誕生です

ラクがまだ幼いころ二人は離婚をします。母親のアンはバラクが6才のときインドネシア人と再婚、インドネシアに引っ越します。バラクは6~10才の4年間をジャカルタの学校で学んだあとバラクジャカルタを離れハワイに住む母方の祖父母と暮らし始めハワイの中学高校に通いました。高校卒業後はハワイを離れアメリカ本土ロサンゼルスのカレッジに2年間学びそのあとニューヨークのコロンビア大学編入します。学士号取得後ニューヨークで4年ほど働いてハーバード大学ロースクールに進みます。ハーバード大学院在籍中にシカゴの法律事務所のインターンとして勤務することになるのですがその法律事務所で弁護士として働いていたミッシェルさんと運命の出会いをします

 バラク オバマ元大統領は自身の幼少期を「僕の父は周りの人々と全く違うに人のように見えた。父は真っ黒で母はミルクのように白く、そのことが心の中で僅かに抵抗があった」と述べています

 ⬇︎オバマ元大統領のご両親

f:id:unomanaworld:20190528231459j:plain

⬇︎オバマ元大統領はおじいちゃんとおばあちゃんっ子のようですね

f:id:unomanaworld:20190528231537j:plain

異人種同士の結婚は今でこそフツーですが半世紀も前に白人の娘が黒人と結婚するなんてことありえなかった時代、うのママもひとりの親としてこの祖父母の毅然さと寛容さを見習いたいと強く思いました

f:id:unomanaworld:20190528232407j:plain

オバマ元大統領の

『Change!』

Yes we can!』 

今日になってこのフレーズの重みを感じました

 

オーストラリア出国まであと194日