親子留学 10年目の軌跡は奇跡

これまでのオーストラリア母娘留学生活の記録とこれから始まるアメリカの大学受験準備の様子を記録するブログ

オーストラリア 現地校に通ってます

オーストラリア小学校留学をスタートさせ通いはじめた地元の小学校で驚いたことがあります

 

それは音楽の授業です

 

小学2年生限定ではありますが音楽の授業で弦楽器 (バイオリン、ビオラ、チェロ)習うんです(@_@)

 

驚きました

 

バイオリン、、、ですよ

 

おっおっお金持ちのご子息がたしなまれるおケイコですよね?

 

日本の感覚ではたしかそのはず。。

 

が、

 

ここオーストラリアでは小学2年生になると私立校はもちろん公立校も同様、全員が楽器を無料で習う機会が与えられようです

 

凄くないですか?

 

日本だとせいぜいリコーダーかピアニカなのに 

継続したい、本格的にやってみたいとかの希望者は学校内で個人レッスンを受講でる画期的なカリキュラムもあるんですよ

弦楽器のほかにピアノ、金管木管楽器、ドラム、声楽、スピーチ&ドラマ(演技)な個人かグループで習うことができます

レッスン料は別途

グループレッスンだと個人より安くなるのでちょっとお試しでやらせてみたいなと思う親サイドに願ってもないプラン満載です

講師陣もその道の専門の方が学校にきて教えてくれるのです

習い事の送り迎えの心配もない、日本にはないシステムです

 

娘は小学3年生からの留学でしたのでこの音楽の授業は受けたことないです。残念( ´△`)

 

でも通学始まってすぐに

 

「スピーチ&ドラマ」!

 

このレッスン申し込みました( ̄^ ̄)ゞ

 

理由

 

英語力強化です

 

小3から始めて週1回、個人レッスン30分

レッスン料は$15くらいだったかな?

小6までの3年弱受講しました

この英語圏に滞在中は可能な限りスピーチ&ドラマ続けたかったけど当初から習っていた講師が変わってしまいレッスン受講するのやめました

 

気になるレッスンの成果、、、

 

ダダダダダダ〜ダダア〜〜

                          (↑注 ドラム音、響いてます)

 

YES!!!

 

手ごたえありました!!

これ受講させた自分を褒めてやりたい!

 

 

うのママ グッジョブ!!(^ー^)

 

 

 

だってね

 

このレッスンがのちの娘の英語人生を大きく左右したと言っても過言ではないからです

 

どれだけ効果があったかというと、、、

 

娘は

 

 

学年で

 

 

英語の成績が、、、

 

 

 

 

1番でーす!\(^o^)/

f:id:unomanaworld:20190306163948j:plain


 凄くないですか?

留学生が地元生徒より英語の成績が良いんですよ?

想像してみてください

日本の高校によその国からやってきた金髪ブロンド青い目の欧米人/黒人系などの海外留学生が日本人差しおいて国語の成績がトップという構図を。。

 

ちょっと変なカンジしません?( ̄▽ ̄)

 

学校のクラスメートはもちろん、他校の友人たちもヘルプミー( ´Д`)y━・~~と娘に救いの手を求めてきます

しょうがないな〜

なんて言いながら人の宿題やってあげたり

                                         ↑ いけません

アサイメント手伝ったりわからないところ教えてあげたりして頼られてんだかうまく利用されてんだか。。(笑)

親子留学が盛んな昨今ですが現地の生徒が留学生を手助けするっていうのはよくあ光景ですがその逆はとても珍しいケースですね

 

結論

 

このスピーチ&ドラマ 受講は

 

 

大大大成功  (^_^)v

 

 

パチパチパチ〜

 

 

スピーチ&ドラマを習ったおかげで物怖じせず人前でスピーチすることに興味をもっtた小学時代を過ごし、そして中等部になるとDebatingはじめたんです

 

Debating というのは討論しあうっていうやつです

ここオーストラリアではDebateの競技大会がさかんに行われていて人前で話す機会がたくさんあります

競技ですので順位もつけられます

近年日本ではこの順位づけに敏感な両親や学校を耳にしますがうのママ的には競争は精神鍛錬と実務向上のためにある程度必要なものかなと感じてます

 Debate 競技大会は学校選抜で各学校からチームでエントリーします。大会当日に討論するテーマを与えられ勝敗により順位が決まります

討論テーマは人権問題とか中学生なのにムズカシイお題で ネガティブとポジティブに分かれて論議する対戦型です

うのママ会場にいましたが討論内容からしてなに話してんだかぜんぜんわからなかった

もうちんぷんかんぷん

 

そして高等部になると模擬国連に毎年参加をしはじめました。これはニューヨークにある国連を模倣したスタイルで高校生が各国の使節に扮し国の代表としてカンファレンスを行うイベントです

初参加のときはアイルランド🇮🇪

2年目はアフガニスタン

f:id:unomanaworld:20190310123319j:plain

昨年は北朝鮮(^.^)

なにかとお騒がせな国だったので娘のチーム注目を集めてました

日本の高校でもこの模擬国連を取り入れる学校が多くなってきているようです。言葉の壁というハンデもなんのその!日本勢強豪チームが多いんですよ!

日本の高校生は頼もしいです

f:id:unomanaworld:20190305221830j:plain

 

模擬国連の他にもうひとつ

 

昨年娘はYMCA主催クイーンズランド州Youth Parliament のメンバーに最年少で選ばれ(15才~25才)パーラメントハウスで政治を学ぶ機会に恵まれたんです

10日泊まり込んでの合宿を年2回行いました( ↑このプログラムに参加したことによって娘の進路が大きく変わっていくことに)

     

うのママ、一度パーラメントハウスに見学に行ったんです。パーラメントハウス、議事堂なんて日本でも行ったことないうのママ

おどおどキョロキョロしなから空港のようなセキュリティチェック受けてエスコートされながら2階の観覧席へ着席

Debate や模擬国連のときよりもっと本格的な雰囲気に包まれてました

そりゃそうよね

本物の議員さんが実際にここで議会してるんだからね

高校生/大学生とはいえ国会中継見ているようでした

                ↑

       見たことないけど

f:id:unomanaworld:20190305222021p:plain

 

もちろん討論の内容は、、

 

お分かりですね!

 

うのママ ちんぷんかんぷん   ƪ(˘⌣˘)ʃ

 

 

f:id:unomanaworld:20190306084827j:plain

f:id:unomanaworld:20190306084923j:plain

f:id:unomanaworld:20190306004610p:plain

次回つづく

 

オーストラリア出国まであと278日 

 

画像掲載承認済み

https://www.ymcabrisbane.org/queensland-youth-parliament-home

https://yourvoiceheardqyp.wordpress.com/queensland-youth-parliament/