親子留学 10年目の軌跡は奇跡

これまでのオーストラリア母娘留学生活の記録とこれから始まるアメリカの大学受験準備の様子を記録するブログ

Denison University からのほっこりメール 第2弾

 娘が出願したアメリカの大学21校のひとつDenison University

合否結果がでる前から教授じきじきに

『ワタシ、アナタにとても興味もったの、合格できるように協力するからね〜』

個人的なメールいただいてました

なのに

なのにですよ!

合否結果は「Waitlist」(´ヘ`;)

このようなメール直接いただいたりしたらストレート合格を連想しちゃいませんか?ふつー

ストレート不合格ではありませんがWaitlistやDeferからの繰上げ合格ってのは無いに等しいんです

うかれて期待しすぎたうのママがアホだったんだけどサクっと合格にしてくんないならなんでこんなつつもたせなメール送ってくんのさっ٩(๑`^´๑)

期待させて落とすなんて。。。

タチわるすぎるやろ

うのママ憤慨してたんです

   ( ̄ヘ ̄) フンッ!!

今日は

そんな自分を思いっきりブン殴ってやりたいです………

 Denison University のプロフェッサーさまからこんなメール届きました↓

 

f:id:unomanaworld:20200505102016j:plain

 

『どう?元気にしてる? 今職員総出でwaitlistの生徒を選抜しているところよ、まだウチの大学に興味持ってくれてるかしら? あと数週間ほどかかるんだけどもう少しだけ辛抱して待っててね!PS:ウチの大学数億ドルかけて新ホール建設したのよ(^_-)v  教授より』

 

+。゚(o゚д゚o)゚。+

あ……

娘のことまだ気にとめてくれてた……の?

   

     なんていい人。。。(TдT) ウゥ…

 

文面も事務的じゃなくてまるで友だちのような言い回しに親近感すら覚える身勝手なうのママ

もっもちろんですよも!

             繰上げ合格してくれるなら喜んで!

っと返信したあとにUBCからのスカラシップ合格がきたもんだからそれ以降頭のなかUBC一色、Denison University からのメールのことはすっかり忘れてました

で、今日DenisonUniversity からこんな新着メールが↓

 

f:id:unomanaworld:20200505102517j:plain 

 

『私よ、waitlistの生徒たちの審査やってる最中なんだけどけっこう時間がかかってるのよね〜もう少し待てるかしら? 私としては是非待っててほしいんだけど(^.^)  それよりもね、今日はオンラインでバイオリンのレッスンどうかしら?って思ってね、どう興味ある?』訳うのママ   

 

 ヽ(^Д^*)/

もぉお〜どんだけいい人なのよぉおお〜♪

 

はっ!!?(〃゜口゜)!?  でもこれって繰り上げ合格したら入学ありきのオファーに違いない

 

大学教授のレッスン受けたいのはヤマヤマだけどもここは正直にカナダUBCへ入学する決断したこと伝えました

 するとすぐに返信がきて

『あら〜そんなのいいのよ!大学決まったのね!おめでとう!でも私には残念なニュースだわね、レッスンのオファーの件はあなたの演奏ビデオみて私がレッスンしてみたくなったの、どうやってみない?あなたさえよければだけど』

 

:(;゙゚'ω゚'): 

本気だ。。。面識ない他国の生徒にご自分の貴重な時間をさいてまでレッスンしてくれるなんて←タダ

 

いい人すぎる。。。

 

オンラインレッスンは日本時間の金曜朝です (*´ω`*)

 

( ˘ω˘ )スウーっ

うのママここでひとつずっと気になってたことがあるんですがそれを報告したいと思います

娘がバイオリンを習いはじめてからなのでクラシック音楽歴8年になります

このクラシック音楽を取り巻くコミュニティというのは奏でる側と聴く側で構成されている形になるのですがどちら側サイドであってもですね、、

みんな

      ホントに

めちゃいい人だらけ

         なんです‼︎ 

例えばこのご夫妻↓

f:id:unomanaworld:20200505105212j:plain

シドニー在住のクラシック音楽好きなご夫婦がたまたま娘の演奏を聴いてくださったときご主人がいたく娘を気に入ってくれてね〜

「いや〜君の演奏とっても良かったよ!ここシドニーにはね、バイオリンが上手な生徒さんがたくさんいるんだけど君のように演奏する子最近みかけないから久しぶりに聴き入っちゃったよ〜ありがとう!って言わせてほしい」

ははは(^_^;)

その当時の娘はバイオリン歴5年半くらいだったのでテクニックも演奏もお世辞にも上手とはいえなかったけど楽しそうにバイオリンを弾く娘をよほど応援したくなったんでしょう、うのママ親子がシドニーに行く用事があるとききつけると滞在期間中のホテルを用意してくれてたり食事に連れ出してくれたりとにかく至れり尽くせりでぜんぶ払ってくれるんです

これだけでも充分ありがたいのにそれだけじゃなかったです

バイオリンの弦とか必要なもの買ってねって$1,000とか2018年にカーネギーホールに行くってなったときも美味しいもの食べておいで!ってポーンとお金振り込んでくれてたり………身元も知らないうのママ親子にめっちゃ親切にしていただいたんです

今思うと野良猫の親子にエサ与える感覚だったのかな?(^-^;

オーストラリア滞在中このご夫妻だけじゃないんですよ、娘に甘かった人

この人も娘を甘やかすことにかけては筋金入り↓

f:id:unomanaworld:20200507125625j:plain

シドニー在住のピアニスト

自称娘のファン第1号だそうです、、、(^_^;)

このファン1号さんも娘のために膨大な時間をさいてくださいました

自分のご友人がオペラハウスのオーケストラでチェロ弾いてるから紹介するよっとのオペラハウスに連れてってもらったり↓

f:id:unomanaworld:20200505223630p:plain



↑オペラハウス内の関係者用カフェ

チェロ奏者ではバイオリン指導できないからとご友人さんのルームメイト同じくSydney Symphony Orchestraのバイオリン奏者にレッスンしてもらえるよう手配してくれたり↓

f:id:unomanaworld:20200505224046j:plain

オペラハウスでレッスン、、ありえない( ̄∇ ̄)

f:id:unomanaworld:20200506223151j:plain

↑この部屋、オペラハウス内にある世界的指揮者Ashkenazy氏の部屋なんです(^.^)この窓からハーバーブリッジが見えるんですよ

f:id:unomanaworld:20200506224741j:plain

今年ご引退を表明されました↓

世界的ピアニスト・指揮者のアシュケナージさん、引退へ:朝日新聞デジタル

 

娘がカーネギーホールで演奏に行く時もピアノ伴奏ボクやります

f:id:unomanaworld:20200505225100j:plain

ニューヨークまで娘の伴奏しに来てました←自腹で

 

うのママの独自の統計によりますと 

クラシック音楽が生活の一部として根付いてる人々というのは老若男女問わず高い確率で善人が多く生息していることが判明しました

今年巣立つ娘が向かうカナダ🇨🇦にもクラシック音楽を愛するステキな人々との出会いがありますように。。。。

 

 

引用元

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ウラディーミル・アシュケナージ

 

 

速報ニュース

いきなりですが、、、、

 

娘は決断を致しました

 

 

UBCの

ピッカピカの1年生になりまーす!\(^o^)/

 

f:id:unomanaworld:20200503133550j:plain

自分でつかみ取った悲願の大学進学です

ヨッ \(^O^)

有言実行オンナ!

f:id:unomanaworld:20190306163948j:plain

希望していたアメリカ方面からはちょっぴりノースなカナダとなりましたが娘は大学に行ってお勉強できればどこの国だって大歓迎!無料ならどこへでも!でしたからね(^ー^)

あきらめムード漂うなかでの逆転ホームラン劇

ベタですが娘とお互いの手をつねって夢ではないか確認してみたり見間違いではないかと慎重に見返してみたり。。

でもやっぱり学費、寮費は免除、ゼロって書いてある

ホームページでUBCの学費を確認してみると、、

こちらは国内生用の学費↓

f:id:unomanaworld:20200503142411j:plain

ウチは留学生なのでこちらの学費↓

f:id:unomanaworld:20200503142323j:plain

ヒュ〜

国内生の学費は年$5,500で留学生は年$40,000

すごい差です

留学生の場合はこれに寮費と食事代が加算されるから、、、4年間で約$240,000カナダドル(@_@)

たかっ!

でもアメリカの大学の半額なんですよ(^_^;)

安い高いの金銭感覚がわかんなくなっちゃう。。。

 

は〜っ( ´ ▽ ` )

とにかく学位取得のゴールデンチケット手に入れたことで晴れて娘の最終学歴は大卒が確定したわけです

あきもせず合格レターをうっとり眺めてると大学からスカラシップの待遇について個別説明会開催(スカイプ)実施のお知らせメールが届きました

スカラシップ合格した大学とのビデオ面談ははじめての試みです

まずはスタッフの方からお祝いの言葉をいただきKMILOTスカラシップのコンデイションについて話されました

だいたいレターに書かれたとおりで学費、寮費、食費は免除

カナダ入国する際の航空券と1往復分の航空券を毎年進呈

在学中は市内公共交通機関のバス電車そして船、ぜんぶ無料乗り放題

健康保険もフル完備で歯科もメガネの購入も保険でカバーできるそうです

あと大学に限らず学校に入学する際はDeposit という手付金のようなものを入学前に納めるのが常ですがUBC もDeposit$1,000と記載があったので支払い方法の質問したら 『あ〜、そのDepositも払わなくていいわよ、免除免除』

 

( ;∀;)

いいんですかね〜

$1,000カナダドルならうのママだってなんとか。。。

 

うのママお金出すところなさそうです

 

払うどころか支度金として$1,500 ポーン

これは入寮に必要な寝具や小物を買い揃えるためのものでカナダに入国した際に一時金としてもらえるそうです

娘はエッセイコンペテイションの賞金(寮の引越し備品購入)  US400ドルも振り込んでいただいているので両方合わせると$2,000ほどの予算で色々買い揃えることができそうです(^.^)

ここまででもすでに高待遇なのにUBCの大盤振る舞いはさらに続きます

生活費として毎年$2,500を支給

冬季休暇の一時金として毎年$700支給

かいつまんで言えば

娘はお金いただきながら学士号取得するとも言えます

さらにっ!

この待遇は娘がDegree 取得するまでの期間継続されるらしい( ̄+ー ̄)極論いうとですよ、最長8年大学に無銭飲食しながら居座りオッケー?慌てて卒業しなくてもいいってこと?

(o≧∇≦)oキャッ  うのママちょっとイチビった考えしちゃいました

 

とっ、とにかく

 

こんな気前良すぎるスカラシップ滅多にないっ

辞退する理由がありません

この厚遇がUBC即決した大きな理由なのですが、じつは他にもあるんです(^.^)

実はですね〜

娘のいっちばん好きなバイオリニストHenryk Szeryng氏(1918~1988)の教え子がバンクーバーにいらっしゃるんです\(^o^)/

Szeryng氏(ポーランド)↓

f:id:unomanaworld:20200504154246j:plain

教え子といってももうご高齢でいらっしゃるのですがまだ現役でレッスンされているとのことで、もしもUBC受かったら門叩こうね!って娘と心躍らせていました

娘のいちばん好きなバイオリニストの教えを受け継いだ方から習えるかもしれないなんて、、、気絶寸前です

 Szeryng氏の奏でるバッハが好きです↓

https://m.youtube.com/watch?v=jdjpFvNpyA0

 

UBCに決めた理由、実はもう一つあるんです

UBCの3年生になると希望すれば最長1年間交換留学できるプログラムがあるんです

通常の学生は実費になるのですが娘の場合、無料♪\(^ω^\)( /^ω^)/♪

そして留学国は30ケ国以上もある中から選べるみたい

娘が出願したアメリカやシンガポールはじめドイツ、フランス、UK、スイス、デンマークにオランダ、中国、台湾、香港、韓国、メキシコ、チリ、マレーシアetc

あと、日本もそのリストに入っているんです

ちょっとおもしろくないですか?

純日本人が日本へ逆留学って(^.^)

関西人魂であるイチビリ精神がうづいてうのママは日本推し

どこの大学に留学できるんだろう?とのぞいてみると、、

上智大学に ICU

すっすごい有名校です

(゚〇゚;)わあー

    早稲田に慶應もですかっ!??

娘が日本在住だったとしたら出願すらおぼつかない雲の上の名門大学が並んでいます

 

あとは、、、

 

ん?

 

 

東京大学京都大学??(・・?)

 

東・京・大・学、、、略すと、、、

 

とっと東大????(@_@)

 

~~~~~(/ ̄▽)

 

UBCに決定です

f:id:unomanaworld:20190424210111j:plain



 

カナダからの手紙 第2弾!! 🇨🇦UBCスカラシップ合否発表です

カナダ バンクーバーに所在するUniversity of British Columbia  の合格通知は早い段階からいただいておりました

ですがうのママ親子にとって大学の合否よりも重要なのがスカラシップの合否でしたね!

 

UBC のスカラシップの結果が届いています

では発表いたします

 

ふう〜 (‾。‾)

 

 ナンマイダブツナンマイダブツ………(*>人<)(>人<;)

 

え〜いっ

ヽ(ヽ>ω<)ヒイィィィ!!ヒイィィィ!!(>ω<ノ)ノ

クリックっ!

f:id:unomanaworld:20200429121654j:plain

 

ちろっ (o>艸・)

 

Congratulations ………マヂ? +。゚(o゚д゚o)゚。+ イィノ?

 

あっ受かっ、、、受かっ 受かっ

 

(((p>o<q))) ギャアアア!!!

 

やっやっ

やったああ‼︎!ヾ(≧∇≦*)/=3=3=3

 

                  ε=ε=(ノ≧∇≦)ノやったああああ!!!!!!

 

ゆっ夢じゃないよね?

 

落ち着け

         落ち着け

 

落ち着けてちゃんと読んでみないと、、、

次のページ、次のぺージと、、、

 

Σ( ̄□ ̄!)えっ?

f:id:unomanaworld:20200429123151j:plain

w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!

 

全額免除キターああああっ!

 

 \(≧∇≦)/\(≧∇≦)/

 

しっ信じられませんっ

9回ツーアウトからの逆転劇!

ドラマのような『奇跡』が起ってますっ‼︎‼︎‼︎

 

ギリギリ……

ほんとギリギリで…

待望のゴール1コ決めてくれました(T▽T)

f:id:unomanaworld:20190424210111j:plain

実はこのスカラシップはMeritとFinancial Aid混合だったんです

申請用紙には親の収支や預貯金そして親が年間に支払い可能な金額を記入する欄があってね

日本に帰国したらすぐ就活するつもりだけどそう都合よく就職できるとも限らないんだけどすぐ働きに出るとして年間5,000カナダドルとかなら払えるかなぁってカンジで記入していたのです

 

でもこのレターみると

0ドルってなってる。。。

 

ってことは

すなわち

 

うのママの支払いは……まさかのゼロ

 

これは夢か幻か

 

とっとりあえず

祝杯

f:id:unomanaworld:20200430150618j:plain

ぷは〜っ( ´ ▽ ` )

おいしいいいぃ〜!!

近所の焼き肉屋さんで昼間っから酒盛りでーす

こういう時ってね、もっともっと嬉しいって感情が溢れ出てくるのかと思っていたんだけどうのママの場合、体の力が抜けてしまって脱力感?興奮のあまり体が硬直して筋肉痛?単に飲み過ぎ?しんどかった記憶しかないんです

娘となにを話したのかも記憶に残ってない……

 

ああ〜カ〜ナダ〜〜〜🇨🇦

 

バンクーバー

 

縁を感じるなぁ〜

 

というのもですね

じつはバンクーバーってその昔、うのママが若かりし頃ワーキングホリデーで初めて長期滞在した街なんです

ワーキングホリデーがカナダ、オーストラリア、ニュージーランドの3カ国だけだった時代です

なぜカナダ、バンクーバーだったかというと異国、外国人、英語に興味しんしんだったうのママの3つ違いの姉がワーキングホリデーでバンクーバーに行っててね、ホテル代が浮くわという理由から姉のところにちょっと遊びに行ったんです

その時に姉からこのワーキングホリデーというプログラムが30才までということ聞いてとくに外国暮らしも英語にも興味もなかったんだけど与えられた権利を行使しないのはなんか損した気になって姉につづいてバンクーバーへ、という経緯なんです

ワーキングホリデーっていってもうのママは働く気はなくて姉妹であちこち旅行するつもりでバンクーバーに渡ったんです

あっ

うのママ当時はビンボーじゃなかったんですよ!

バブル時代でしたからね

 

旅好きの姉に連れられてバンクーバー周辺、BC州の観光地はあっというまに制覇し空路でモントリオールケベック、お約束のナイアガラの滝も行きました。足延ばしてアメリカのデイズニーワールドにユニバーサルスタジオ、年初に話題となった新型コロナウイルスのプリンセスクルーズでアラスカに行ったり、、若い頃は色んなところに行ってたんです、姉の行きたいところですけどね(^-^;

さあ次はどこに行こうかと計画を練っていたところにひょんなことからカナダ人の女の子のナニーとして働くことになりワーキングホリデーらしくワーキング開始、姉妹の放浪の旅はここで終了

 この美しすぎる母娘と住むことになります↓

f:id:unomanaworld:20200429121223j:plain

 ナニーとは住み込みのベビーシッターでオーストラリアではオーペアっていうのかな?

噂ではナニーとは名ばかりで子守りだけでなく家の掃除や洗濯させられて家政婦扱いされるって耳にすることが多々あるのですがうのママは運が良かったのかな?

当時2才の女の子と遊ぶだけ

ステキな部屋を提供され食べ物飲み物も食べ放題

自分で食べたいもの(和食)作りたい場合は必要な材料伝えたら調達してくれてましたね

掃除も洗濯も自分の分だけ

ベビーシッターする時間もママさんが仕事から帰宅する5時半くらいまで

ちょっと遅くなったら残業代よって余分に支払ってくれて。。

残業っていっても夜7時半にはベッドで寝かしつけてたから一人でテレビ観てくつろいでるだけなのに。。。

家賃ゼロ食費もゼロ、シッター代は奮発されて、、いい人過ぎ

f:id:unomanaworld:20200429121457j:plain

当時はホント英語話せなくてね

オムツ交換するのに寝転がってもらうこと lie down っていうこともオムツのことdiaperっていうのもこの時に覚えたんですから、、、まぁ日本の県立高校までの英語科目ではこのような単語習っていないので知らなくて当然といえば当然なんですが振り返って考えると一体どうやってコミュニケーションとっていたんだろう??って思いますね

言葉が少ないぶん心が通じあっていたのでしょうか、すっごいなついてくれてね〜

毎朝トコトコ部屋に来ては私が起きるの待つこと日課にしてました

f:id:unomanaworld:20200430221342j:plain

f:id:unomanaworld:20200430221429j:plain

f:id:unomanaworld:20200429121533j:plain

地味にうのママの登場です(注)23年前

f:id:unomanaworld:20200430222852j:plain

あまりにも懐いてくれるもんですからお別れ(ワーキングホリデー満了)を告げたときは号泣されてね〜

日本に一緒に行くっ‼︎‼︎

・。・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・。・

抱きつかれてしがみつかれて

こんなに泣かれるなんて予想していなかったので母親と顔見合ったことも今も記憶に鮮明に残っているんです

そしてワーキングホリデーから7年後

まさかの再会をはたすんです

娘も一緒に

f:id:unomanaworld:20200430200643j:plain

再会できたこと自体が感動ものなのにうのママの事覚えているっとかって言ってくれちゃってね〜

今度は私の番って娘をずーっと面倒みてくれるの

f:id:unomanaworld:20200430200416j:plain

 娘の言葉(英語)が出始めてた頃でちゃんと英語を理解している様子にも感動したこと思い出します

f:id:unomanaworld:20200430200747j:plain

音楽に合わせて踊ったり、人見知りする娘がすぐ打ち解けててビックリしました

f:id:unomanaworld:20200430200847j:plain

楽しい思い出が詰まったバンクーバー

ご縁があったとしかいいようがありません

うのママうれしすぎて頭が変になりそうです

ハラハラドキドキの連続で生きた心地しませんでしたが遂に遂に全額免除で娘が入学できる1校確保に成功いたしました!

これまでの気苦労なんて一気に吹っ飛びました

1校決まってくれさえすれば残りのスカラシップの合否結果やアメリカのWaitlistの大学の繰り上げ合格が来るか来ないか心に余裕を持って待つことができます

 

やっと肩の荷が下りました( ´ ▽ ` )

 

 

 

重田教育財団奨学金制度応募してみます!

時代は21世紀、グローバル化がどんどんすすんでいる昨今、持ってたら便利なのが英語力です

たかが英語されど英語

18年間自己流で娘に英語教育を施した今でも断言できます

英語がしゃべれる、しゃべれないで人生が変わります

高卒田舎育ちでカタカナ英語な母のもとで娘はすくすくとそしてなぜか勉強だーいすき少女にお育ちになりその延長線上にあったのが大学進学でした

大学進学したくてしょうがない娘とお金用意できない母との攻防戦

解決策としてまとまったのが……

フルスカラシップ獲得して

    タダ

大学へ行こう大作戦!٩( ᐛ )و

 

母娘でフルスカラシップにこだわりました( ̄  ̄)v

 

数打ちゃあ当たるっ!出願した大学

その数ぜんぶで26校

アメリカ21校

カナダ2校

シンガポール2校

オーストラリア1校

数で勝負かけましたが、いまんとこ一番良くて学費50%のスカラシップ

フルスカラシップはゼロ(;´▽` A

目標とは程遠い結果でございます

でもまぁ、なんだ

こうやって海外の大学受験をする選択肢を得たことは英語という技能があったからこそ経験できたわけですからね

スリルありすぎでしたが英語のおかげで娘と泣いたり笑ったり楽しかったです

 

あっ( ・∇・)

 

まだあきらめてないですよ 

うのママ親子は最後の瞬間まで悪あがきます

そして

今日新たにこんな民間の奨学金制度みつけました↓

f:id:unomanaworld:20200425010551j:plain

f:id:unomanaworld:20200425010627j:plain

f:id:unomanaworld:20200425010715j:plain


重田教育財団奨学金制度

奨学金 | 公益財団法人 重田教育財団

 

募集は5/1〜6/28まで、これからの募集です

これに挑戦してみようと思います

合格は6名とあります

どれくらいの応募数なんだろう??

多いんでしょうね

この重田教育財団の募集要項のぞいてみますと日本の奨学金制度で要求される日本語エッセイ、この部分の文字数の制限がなされてないようです

短い文章なら娘でも書けるので応募できるかな

ただ文章力が小学生の夏休みの絵日記レベルってのが少々痛手ではありますが財団関係者方の笑いを誘うこと間違いナシ!ある意味印象に残るかもしれません

合格者への支援金はトータルで240万円!

ミミズがはった字でも単語が幼稚でも心を込めて書けばいいじゃん!

恥ずかしがることないよ〜と話しているところで

トウルル〜トウルルル〜

電話が鳴ってる

固定電話にかかってくるのはほぼセールスなのでいつもは留守番にしているのだけど留守電にセットするの忘れてたので応答することにしました

どこで調べるのか最近は葬儀費用の積立てが多い( ̄ε ̄)

で、

今日はなんのセールスだ?と不機嫌気味に

もしもし?←うのママ

 

すると

 

ア、、

    ハッハロォ〜⤴︎

 

へっ?(・・?)

ハローって、、英語?

ここオーストラリアだっけ?

いや、日本🇯🇵

とりあえずハローって返すと

 

Barry Universityです

 

えっと、、、、Barry ?

 

あっ!娘の出願した大学だ!

 

はは〜ん、きっとあれだ

 Barry University 出願したあと追加書類のリクエストがきたの覚えてらっしゃいますか?

 追加書類というのがコレ↓

f:id:unomanaworld:20200201162447j:plain

娘は国外生なのでNACESというところで学校の成績表をアメリカ版に変換するリクエストがきていたんです

貼られていたリンクを開いてみると業者リストががあってどこでも選べるんだけどビミョウな料金設定で$300〜500くらいかかるんです

うーむ(( ̄〜 ̄;)

これ追加で提出しても合格の保証はないんだよねぇ〜

娘と話し合った結果、支払った出願料もったいなかったけどこれ以上お金はかけたくないね、と放置していたんです。。

電話の内容は予想どおりプロセスが滞っている理由の問い合わせでした

「追加提出書類を取得する費用が捻出できない経済的理由です、出願は放棄するつもりなんです」と伝えましたら

『費用のほうは免除できる手続きもあるので受験生ご本人と少しお話しさせてもらえませんか?』

  娘に受話器渡すとしばらく話していました

受験校から個人宅に国際電話がかかってくることもあるんですね〜

ちょっとビックリです

大学側からすれば数多い国外受験生の一人に過ぎないだろうに時間割いて英語圏でない国に電話かけてくれるなんて親切な学校だなぁと思いました

ま、いずれにせよウチの場合はフルスカラシップかFinancial Aidのサポートがなければ入学はできないんだけどね

今日はほっこりした良い日でした( ´ ▽ ` )ノ

Dr. Goh Keng Swee scholarship しがみつけてます

今日は中くらいのハッピーニュースがあります!

娘が11年生のときに参加したYouth Parliament program 覚えてらっしゃいますか?

娘の進路に大きな影響を与えたプログラムといっても過言ではありません

1週間ぶりに帰宅した娘が興奮気味にどれほど楽しかったか、どれくらい刺激的だったか、どれくらい参加メンバーがパワフルでインテリジェンスだったかと目を輝かせながら夢中になって語ってくれたこと今も鮮明に思い出されます

f:id:unomanaworld:20200422090632j:plain

f:id:unomanaworld:20200422090540j:plain

f:id:unomanaworld:20200422085507j:plain

この尊敬する諸先輩方から情報であったNational University of SingaporeのPPE(Philosophy Politics Economics)コースに興味を持ち受験に至ったのですがこのPPEというのがなかなかの難関コー スのようです

このPPEコースを出願して不合格となっても通常コースで再度合否審査してもらえるので大学合格のチャンスは広がります

そして、、、

      そして、、、

NUSからの合否通知が届きました!

f:id:unomanaworld:20200421193006j:plain



 おおーっ

Congratulations!!

ひっ、ひさしぶりにみる単語!

合格です!

PPEコース合格しましたぁあ〜.°(ಗдಗ。)°.

うれしい

うれしい

うれしい!!!!!!!

超うれしいんですが、

このNational University of Singapore、留学生向けのスカラシップやファイナンシャルエイドというサポートが充実していないんです……

入学すると諸費用は当然といえば当然ですが生徒側の実費になります

どれくらいの費用かといいますとアメリカの学部留学費用ほど高くはないけど安くもないです

ですがこの大学にはMOE Tuition Grant(国内生/留学生)というのがあってこれに申し込むと学費がぐっと減額されます

学費のデイスカウント受けれるんです

学費はこんなカンジ↓

f:id:unomanaworld:20200422075005j:plain

黄色の部分が留学生用です

その左の欄がMOE Tuition Grantを利用した場合の留学生用の学費です

留学生がこのMOE Tuition Grantで入学すると卒業後3年間シンガポール国内で勤務かもしくは自国でシンガポール企業に勤務する縛りがあります

 

では娘の学部の学費欄みてみましょう

$29,850/年間 ふむふむ

 MOE Tuition Grant利用すると…

 

Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!

       $17,550 ⁉︎

驚愕の減額率ですっ! 

$17,550 シンガポール ドルっですよっ!

 

寮費もみてみましょう

f:id:unomanaworld:20200422075619j:plainSemester 1が$2,281.71とあるので

ということは1年でたったの$4,563

しかもっ

シンガポールドル‼︎‼︎

ちなみに二人部屋だと$3,135

さらにお値打ち価格です!

食事代はどうかな?

コレ↓

f:id:unomanaworld:20200422075935j:plain

((((;゚Д゚))))((((;゚Д゚))))

朝夕の2食で$460だって?

てことは1年分の食事代$900??

いくらなんでも安すぎでは??

この料金設定であっているとすればですよっ

学費、寮費食事ぜーんぶ込み込みのお値段は

なっなんと

 $23,000 シンガポール だら〜‼︎

日本円に換算すると約180万円/年間

日本の大学も学費だけで120〜150万円くらいですから頑張ればなんとかなりそうな金額です

それになんといっても娘が興味あるコース‼︎

 

行かせてあげたいなぁ〜

 

 シンガポール大学♪(´ε` )

 

シンガポールいいよね〜

年がら年中サマ〜

夏オンリーだから服かさばらないし治安もいい

アジア圏なので食べ物も困らない

Singapore Symphony Orchestraもあってクラシック音楽も身近にある

 

いいね〜いいね〜

シ・ン・ガ・ポ〜ル╰(*´︶`*)╯♡

 

じつはシンガポールって娘が初めて訪れた外国なんですよ↓

f:id:unomanaworld:20200421192410j:plain



プールデビュー↓

f:id:unomanaworld:20200421192455j:plain

うのママの友人がたまたまシンガポールに出向中で会社が用意した高級コンドミニアムに滞在してたんです

部屋が余ってるよ〜っていうもんだから宿泊タダをいいことに何度か遊びに行ったりしてなんですよ!もう15年以上も前のことですけど(^.^)

f:id:unomanaworld:20200422082534j:plain

な〜んかご縁を感じるんですよねぇ〜

シンガポール

娘が高校1年生のときドイツ交換留学で途中降機したのがシンガポールチャンギ空港でした

待ち時間に送ってきた写真がコレ↓

f:id:unomanaworld:20200422121004j:plain

オーストラリアにはない『ほうじ茶フラッぺ』トライしたそうです

娘がお茶好きだと初めて知りました

テイーといってもお紅茶はお召し上がりにならないんですよ

日本茶限定

ほうじ茶、煎茶、玄米茶に麦茶etc...

老婆のようです

 

話が脱線しましたね

 

じつは大学出願と並行してこんな奨学金も応募しました↓

f:id:unomanaworld:20200421193114j:plain

f:id:unomanaworld:20200421193152j:plain

f:id:unomanaworld:20200421193244j:plain

DR GOH KENG SWEE SCHOLARSHIP

このDr.Goh Keng Sweeスカラシップは応募できる大学が指定(4校)されていますがアジア圏の国籍をもつ生徒であれば誰でも申し込めるスカラシップです

そしてスカラシップ生に選ばれると4年間の学費はもちろん寮費ほか諸経費に航空券(1回)、毎年日本円で約50万円相当のお小遣いが支給される夢のような奨学金です

お金いただきながら大学に通う

まさにうのママ親子が求めていた理想のスカラシップ!(((o(*゚▽゚*)o)))

ほしい!

ほしい!

ほしい!

(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

当選者は3〜4名とあるのでアイビーリーグ並みの難関と予想されます

運良くスカラシップ生に選ばれたら上記の費用はカバーしてくれるので全額免除ということになります(-^艸^-) 

受かれ〜

     受かれ〜(-Ⅱ-;)

現在の状況ですが書類審査を通過して第2審査?のパーソナルテストを終えたところです

あとは最終審査となる面接のオファーが来るか来ないかを待つのみです

ご縁があること祈っていますが娘がスカラシップ生に選ばれなくてもうのママ、娘を快く送り出してあげようと心から思います

フルスカラシップで大学に行くぞーっと高めな目標設定でしたが今回娘のアメリカ大学進学計画を娘と共にすすめていくなかで気づいたんです

それはオーストラリアの娘の友人の多くが勉強したくないのに親が行けっていうから大学通っている子が多いなかで娘のように志しが高く勤勉な子は貴重な存在だな、この子こそ大学にすすんで高等教育を受けたほうがいい、受けるべきなんじゃないかなと思ったんです、自分の子供という視点からではなく素直な感想…

とりあえず娘を受け入れてくれる大学が一つみつかってホッとしました

 今のところNUS入学が有力候補です!

 

少しハッピーニュースがあります

アイビーリーグの結果報告から一夜あけ起きてみると外はどんより厚い雨雲に覆われています

f:id:unomanaworld:20200420113844j:plain

まるでうのママ親子の今の心境を表しているかのようです

この曇り空のようにアイビーリーグ受験をした世界中のそして大多数の受験生とその両親方がうのママ親子と同じように肩を落としているはず、がっかりしてるのはなにもうのママ親子だけではないんですがね、なにぶん昨日の今日の事なのでね

一瞬でも落ち込ませてやってくださいませ

幸運にもこの地域では新型コロナウイルス感染者ゼロということで娘と散歩することにしました

f:id:unomanaworld:20200420115213j:plain

遠くを見つめている娘、、

f:id:unomanaworld:20200420115241j:plain

静かに海を眺める娘、18才の春、、、

声かけられなかったです

宿泊先にもどると焼き立てのパンのいい香り

どれも美味しそう

f:id:unomanaworld:20200420113922j:plain

 ほうじ茶パン??(・・?)

お茶が大好きな娘が速攻で買って食べてます

わっ!これ、めちゃ美味しい!

嬉しそうにはしゃいでる娘の様子に少しは元気が戻ったのかと母は安堵しながら、おいしい!おいしい!と連呼している娘を横目にププッ

所詮はパン、菓子パンさん

美味しい!と唸ったところでだいたいおいしさの予想はつく

パンごときでこのリアクション大げさだなぁとコーヒーをすすっているうのママにあまりにもしつこくすすめてくるもんだから一口かじったんです

すると、

ひゃーっ

~~~(/ ̄▽)

度肝抜かれました

これはマジでおいしい〜〜

過去に味わったことない風味!

これはまた絶対食べたい食べ物リストにランキング入り!

パン一個で超ハッピーな気持ちになりました

そしてそして

 うれしい事って続くもんですね!

           悪いこともですが、、z(^_^;)

ほうじ茶パンで大騒ぎしているところにGood Newsが2つも飛び込んできました!

 

まずひとつ目

Elizabethtown から音楽スカラシップのオファー

f:id:unomanaworld:20200420120254j:plain
$2,000/年間

 

そしてふたつ目、これも賞金がらみ

f:id:unomanaworld:20200420121335j:plain

実はこのエッセイ コンペティションに応募していたんです

新大学1年生対象のコンペティションで入賞者には大学の寮に入居する際に必要なもの、例えばベットシーツや枕、洗面用具とかの入寮一式セットが賞品として進呈されるってものです

これに娘のエッセイが当選したみたい(^.^)

ラッキー!

f:id:unomanaworld:20200420121824j:plain

通常ならばAmazon 経由で物品が各当選者住所に送られる予定だったようですがこの新型コロナウイルスの影響で現金支給に変更したみたい

US$300を振込んでもらいました〜〜

エッセイコンペティションもElizabethtownのmusic scholarship も小さい金額だけどやっぱり認めてもらえた評価してもらえたっていうのは理屈抜きでうれしいもんです

あとは娘を拾ってくれる大学が出現してくれれば申し分ないんだけども。。。ねぇ〜

もしもFull rideがダメだったら発想変えて1年浪人して日本の大学(英語で学士号取得コース)も選択肢として考え始めています

日本の大学で全額給付型の奨学金というのはなかなかないですが学費自体が100万〜150万円/年間x4年の費用で学士が取れるのでアメリカの学費と比べるとかなり格安です

アメリカの1年分ですもん

アメリカの大学の学費(4年間)は破格すぎるため自腹は完全に不可能ですが日本の大学だと引き続き親子で同居すれば寮費が節約できるし日本なので娘も働けるので二人で働けばなんとか手に届く額です

そして将来どうしてもアメリカに留学したい場合は学士号さえ持ってれば大学院から修士号取得の留学するってものありだしね

それに学部留学と違って大学院留学は数多くの留学支援する財団がありますからそれらに応募するもよし、学部在籍中の4年間で大学院留学(2年)の費用を貯金して自腹で行くもよし!

足湯につかりながら万が一に備えての作戦を練っています

f:id:unomanaworld:20200420131611j:plain

とにかく最後の最後の瞬間まで走り続けます( ̄^ ̄)ゞ

 

 

アイビーリーグDay 合否発表です!

娘の米国大学進学計画物語もいよいよ大詰めです

オーストラリア留学で持ち金ぜ〜んぶはたいてしまったうのママはすっからかん

娘には呪文のように言い続けてておりました

大学費用は自力で獲得せよ!大学進学したいならFull Ride(大学側から学費や寮費の資金サポート)しか道はなーい!( ̄^ ̄)

そしてそれを叶えてくれるのが

自由の国アメ〜リカ🇺🇸🗽

実力主義アメリカは優秀でリーダーシップをとれる有能な若者には国籍問わずチャンスを与えてくれる大学がたくさんあります

その代表格がアイビーリーグ

そして今ここにHarvard Yale Columbia Dartmouthの結果があります

あれ?

発表は27日じゃなかった?

はい、(^_^;)いかにも

今日は発表から2日経っていますがまだ開けていないんです

なぜかというとね

こうも立て続けに合格通知届いてくれないとさっ(´ε` )

さすがに同じところで開きたくないという感情がわいてきちゃって。。

新型コロナウイルス感染したくないのでずっと外出自粛してたけどこのアイビーリーグの合否で米国大学出願結果が出揃うので祈願?神頼み?結果をみる前にお墓参りしようってことになったんです

新型コロナウイルスが湿気に弱いかはわかりませんが雨が降る予報だったので不要不急ですが藁をも掴む思いで雨の日ねらって出掛けることにしました

お墓参りは普段からよく行くほうでオーストラリア留学中も無事に過ごしているご報告しに年一回帰国していました

今回は高校卒業の報告アンド大学合格祈願(-Ⅱ-;)

ご先祖さーん

お願いしまっせぇ〜♪(´ε` )

お墓参りを済ませたあとは宿泊地へ移動

f:id:unomanaworld:20200419182239j:plain

さあ、

どこの大学からにする?

緊張と恐怖で娘とキャーキャー言いながらなかなか決められない

しばらく討論した結果、娘の出願校LMU以外はFinancial Aid 申請していて軒並み不合格& WaitlistだったのでニードブラインドのHarvad、Yaleから開けてみようと意見が一致

アイビーリーグといったらやっぱハーバードですよね?

ではまずはHarvardから

発表します!!!!

f:id:unomanaworld:20200419183318j:plain

 

あっ!

      ちょっとその前に……

 

Need-Blindというのは出願にFinancial Aid申請をしているか、していないか、受験生の経済的状況をみないで審査しますというシステムです

なのでFinancial Aid申請しているウチの場合、希みがあるとすればこのニードブラインドのHarvardかYale、この2校になると思います(^.^)

 

では、いきますっ!

ドキドキ

 

あっ!

ちょっとその前に

合格の場合、メールに動画がついてくるはずです(^.^)

 

はい、ではみなさま大変お待たせいたしました

 

では今度こそ

 

いきますよっ

 

 

 

ハー( ̄0 ̄)フゥー( ̄。 ̄)

 

ぎゃっ(><)

クリックっ 

f:id:unomanaworld:20200420201113j:plain

f:id:unomanaworld:20200420201144j:plain




 

落…ち……た………?

 

(;´ ▽ ` A

 

じっじゃ、つぎ、、、イっ、イェール

イェールいきましょっか

それっ

クリックっ!

f:id:unomanaworld:20200419182535j:plain

  (T△T)

動画が、、動画が添付されてない

ブルドック犬のハンサムダンくんはどこおおおーーーっ

 

          _| ̄|○  ||||ガク

 

ニードブラインドで不合格かぁ〜

残すはColumbia とDartmouthなんだけどやな予感

Financial Aid思いっきり申請してますからね、結果はみなくてもだいたい検討が..........

f:id:unomanaworld:20200419191915j:plain

 

( ̄ェ ̄;)

 やっぱり。。。

 

f:id:unomanaworld:20200419193006j:plain

f:id:unomanaworld:20200419215214j:plain

全滅…です(T_T)

 

deferred でもないストレート不合格

大惨敗........

 

敗因はなんだったのかなぁ〜

もしもFinaicial Aid申請してなかったとしたら。。。

イヤイヤー(>_<;=;>_<)ー

たら、ればの話しって往生ぎわが悪いっ

でもね、参考までに

EA出願したプリンストン大学の面接してもらった時にね、卒業生ニックさんに質問したんです

あなたがプリンストン受験したときFinancial Aid申請しましたか?と。。。

答えは申請していない、でした

現在ハーバード大学生でバイオリンの申し子と巷で名を轟かせていた韓国/オーストラリア人のチェリンちゃんもFinancial Aid申請なしの出願、ペンシルベニア大学1年目のYouth Parliament メンバーのクッシーちゃんにも聞いてみました

するとFinancial Aidってなあ〜に?(^_^;)

一概にはいえませんがうのママの交流範囲内でのことになりますがアイビーリーグ合格を果たしたinternational 受験生は全員がFinancial Aid申請をしていませんでした

まっ、この事実があるおかげでFinancial Aid申請したからだっ!って勝手に言い訳もできちゃうわけでね。。

これで良かったんです

悔いはないです

ここまでやってダメならあきらめもつくってもんです

無謀な挑戦だったとはいえ世界最高峰名門アイビーリーグ、、あまりにも大きい存在でした

うのママの自己流DIY英語教育はじめて18年、娘とともにアメリカの大学進学目指して無我夢中で突っ走ってきました

ここでサクッとカッコよく決めたかったのですが、ほれウチの娘は何ごとも1回で決めてくる子ではないのでね、うのママにとってはこんなもんだろうと思う気持ちともしかしたら奇跡が。。と期待する気持ちも正直ありましたね

でも娘はよくがんばりました

母が生き証人です

 

えっ?

 

娘の大学進学はあきらめモード突入かって?

 

いえいえ

まだあきらめてませんよ

しぶといのがうのママ親子の唯一自慢できるところなのでね

 

というのも

世界はいま新型ウイルスの影響で大混乱していて合格者が合格を辞退することが大いに考えられるそうでWaitlistからの合格の可能性も出てくるわけです

合格者の最終決断日が5月1日ですから繰上げ合格があるとすれば5月中に連絡があると思います

そうなったら ヒッヒッヒ

ウチの場合しっかりFinancial Aid申請していますんでね、もしも繰上げ合格っとなったあかつきにはもっちろん大学側の豊富な資金で国外生の娘をしっかりサポートしてくれるのでお金の心配せずに勉学に勤しむことができるかも、です(^.^)

繰上げでも合格は合格ですからね!

ポジティブポジティブ!

アメリカの大学の他に合格しているカナダの大学のスカラシップの結果が4月中旬、応募しているシンガポールの財団のスカラシップ(アジア諸国対象の学費寮費全額サポート)の結果も6月にあるのでまだあきらめるのは早い

これからこれから!

くよくよしてる時間は人生のムダ使い

このどこまでも楽天的な自分の性格にいま感謝したいです(^_-)v